ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • 平成30年7月豪雨、平成30年台風21号、及び平成30年北海道胆振東部地震により、被災された皆様に心より御見舞申し上げます。

よくある質問(返す側)

身内へ内祝いは送るべき?

Q.身内への内祝いは贈るものですか?

A.お祝いをいただいた際は、身内でも何かしらのお返しをするのが一般的なマナーとされています。

一般的にお返しという意味で使われている内祝いですが、本来は「内の祝い」と書くように、自分たちのお祝い事の喜びを親戚やご近所など親しい間柄の方たちと分かち合うために贈るものでした。そのためお祝いをいただいていない方にも、お祝いの品をお渡ししていました。このような理由から、家族や親戚などの身内にも内祝いを贈ることは昔からの習慣であったといえます。

ただし、家庭や地域ごとに決め事が存在する場合もあります。身内間での内祝いは不要という約束があれば、それを優先してもよいでしょう。「いらない」と言われているのに、それでも贈らなければいけないということはありません。

身内へ内祝いを贈るときには、結婚や出産であれば消耗品や食品のような使うと無くなってしまうものではなく、記念としてずっと取っておけるものが歓迎されます。さらに、新しい家族が増えたという記念の意味が込められたような品物だとよいでしょう。

出産を例にとると、ご両親へは赤ちゃんの名前や写真などの入ったメモリアルグッズを贈ると、感動もひとしおとなり喜ばれることでしょう。思い出に残るもの、長く飾っておけるものであれば、いつまでも大切に持っておくことができます。フォトフレームやフォトブックなどであれば名前を入れることもできますし、写真を飾っておくこともできておすすめです。内祝いを贈るほかにも、会食の場を設けるという方法もあります。あるいは、赤ちゃんをお披露目する意味も込めて自宅に身内を招いてもよいでしょう。

身内に贈り物をする際の注意点としては、あまり高価すぎるものを選ばないことが挙げられます。かえって気を遣わせてしまうこともあります。また、内祝いを贈らない場合でもお礼はきちんとすることを心がけてください。近しい間柄だからこそ、お祝いをいただいたら感謝の気持ちを伝えることが大切です。

PAGE TOP