ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

出産内祝いにおすすめのカタログギフト

「出産内祝い」は、本来は、新しい命が誕生した幸せをおすそ分けするための贈り物でしたが、現在では、両親をはじめ、お世話になった人やこれからお世話になる近所の人への“お礼”や“ご挨拶”、また出産祝いをいただいた方への“お祝い返し”として贈ります。どちらの場合も、出産の報告と赤ちゃん誕生の「はじめまして」の挨拶の意味を込めて贈るものです。

「出産内祝い」を贈る時期は、赤ちゃんが生まれて何かと忙しくなってしまうときと重なりますので、出産1ヶ月前くらいから、内祝いを贈る方の住所をリストアップするなど、あらかじめ準備をしておくとよいでしょう。
実際に「出産内祝い」を選ぶ際は、お祝いにいただいた金額の半額くらいを目安にして、生後1ヶ月頃あたりのお宮参りの頃か、遅くても生後2ヶ月くらいまでには贈りましょう。遅れていただいたお祝いの場合は、あまり時間を空けずにお返しをするのがよいでしょう。
「お礼」や「ご挨拶」の品物選びの際は、赤ちゃんをお披露目することがメインなので、あまり金額にこだわなくてもよいでしょう。

出産内祝いに最適なカタログギフト

「出産内祝い」には、石鹸やタオル、お菓子類などの実用品を贈るのが一般的ですが、最近では、贈られた方が欲しいものを自由に選ぶことができるカタログギフトの人気が高まっています。
出産後は周囲の方から一度にたくさんのプレゼントが贈られますが、お返しするすべての人の好みに合わせた品物選びはとても大変なことです。ましてや、赤ちゃんとの新しい生活がはじまったばかりのお母さんにとっては時間的・精神的な余裕もありません。

カタログギフトには、厳選された生活雑貨や日用品、旬の食品などいくつかのジャンルを扱うものから、ひとつのジャンルにこだわったものまで幅広くあります。
子育てに追われて内祝いの品物選びに時間をかけられない時期であっても、親しい方はもちろん、好みやライフスタイルがわかりにくい遠方や遠縁の方へのお返しとしても、無理なく手軽にできる贈り物です。
豊富な品が揃っているカタログギフトであれば、出産のお祝いをしていただいたお礼の気持ちがより伝わる素敵な贈り物となること間違いなしです。

PAGE TOP