ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

よくある質問(贈る側)

お祝いを贈る時期

Q.お祝いを贈る時期は、いつ頃がよいですか?

A.慶事の贈答時期は基本的に早めがよいとされていますが、お祝いを贈る目的によっても変わってきます。

結婚祝いの場合
結婚の知らせや披露宴の招待状を受けとってから、挙式の1~2ヶ月前、遅くても1週間前までです。本来は大安や先勝などの吉日、午前中に直接手渡すものとされていましたが、現在はデパートやオンラインショップから直接届けてもらうことも多くなりました。贈り物をする際には、お祝いの言葉を書いた手紙やカードを添えても喜ばれるでしょう。
出産祝いの場合
生後7日過ぎから、お宮参りをする生後1ヶ月頃の時期までです。生後7日目というのはお七夜と呼ばれる節目の時期です。昔は赤ちゃんが生後まもなく亡くなってしまうことが多くあったために、生後7日目にお祝いをしていました。現在では母子の退院時期が7日目と重なることもあるため、この日を目安とするようになっています。気を付けるべきは、出産前に出産祝いを贈ったり、親族でないのに出産直後に病院に面会に行ったりすることなどです。これらは迷惑になりかねないので避けましょう。
入学祝いの場合
入学先が決定してから、入学式の一週間前までがよいでしょう。卒園式や卒業式が終わるまで待つ方もいますが、早目にお祝いを贈れば入学準備を前倒しできる利点もあるため、あまり気にする必要はありません。逆に遅くなったとしても、入学祝は基本的に身内がお祝いするものなので、神経質にならなくてもよいでしょう。注意点としては、ランドセルや学習机など、人と被ると困ってしまうものがあるため、事前に何を贈るか伝えて都合を聞くと親切です。
新築祝いの場合
新居完成後、半月から遅くても2ヶ月以内、あるいは新築披露の日に贈ります。新築披露は半月から2ヶ月の間に行われることが多いため、この期間が適当でしょう。あまり早すぎても、引っ越したばかりで荷物の整理がついていないと、迷惑になる可能性があります。贈る物はカタログギフトや商品券であれば、買い忘れたものや新しく必要になったものを選べるためおすすめです。

どの場合でもいえる事ですが、お祝いをする時期は早すぎても遅すぎても失礼になってしまうことがあります。十分に注意して贈りましょう。

PAGE TOP