ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • お中元最繁忙期の為、お届けまでの日数が通常(平均7日~10日)より長くかかる場合がございます。あしからずご了承くださいませ。

ご返礼のまめ知識

ご法要のいとなみ

現在用いられている一般的なご法要の順序をご紹介いたします。
なお、地域の慣習や宗教・宗派などにより、様式が異なる場合がございます。

仏式

ご逝去の日から数えて四十九日まで、七日ごとに法要をいとなみます。
最近では、五七日忌(三十五日目)と七七日忌(四十九日目)にだけ、僧侶を招き法要を行うことが多いようです。

三回忌の後は、七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌などの年忌法要を行います。
忌明け法要

五七日忌(三十五日目)または七七日忌(四十九日目)の忌明けに行います。
ただし、七七日忌が3か月越しになる場合は、五七日忌に繰り上げることがあります。

神式

亡くなられた日から五十日目まで、十日ごとに霊祭をいとなみます。五十日祭をもって忌明けとし、百日祭・一年祭をすませて服喪が終わります。その後は、三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭・百年祭の式祭を行います。

十日祭(亡くなられた日から十日目)・五十日祭(亡くなられた日から五十日目)

十日祭は仏式の初七日にあたり、身内と親しい方で霊祭を行います。五十日祭は仏式の七七日にあたり、親しい方を招いて霊祭やおもてなしをし、お返しをします。

キリスト教

プロテスタントでは、特にきまりはありませんが、昇天(召天)後一週間目頃、または一か月目に記念式を行います。
以後は、一年目・三年目・五年目の昇天(召天)記念日に記念式を行います。
カトリックでは、昇天(帰天)から三日目・七日目・三十日目に追悼ミサを行います。
以後は毎年、昇天(召天)記念日にミサを行います。

お香典返しのご準備

お返しの時期

お香典のお返しには「故人に関する行事いっさい、滞りなく終わりました」というご報告とお礼の意味があります。
仏式では五七日忌(三十五日目)または七七日忌(四十九日目)の忌明けに行い、神式では三十日祭または五十日祭に行います。
キリスト教では特にきまりはありませんが、1か月後の昇天(召天)記念日に行うことが多いようです。

お品選び

あらかじめ、ご弔問者のご芳名・ご住所をお香典の額別に整理した名簿を作っておかれると、後々まで便利です。
よく用いられるものとしては、タオルや寝具、石けん、お茶、のりなどがありますが、必ずしもこれらにこだわる必要はございません。

ご予算

一般的には、いただいた額の半額または三分の一程度が目安となります。
ただし、先様とのご関係や地域の慣習などにより異なる場合もございます。

お香典返し・ご挨拶状

お香典返しは、先様のお宅へお持ちしてご挨拶するのが正式ですが、現在では件数が多いため、ご配送が一般的になってきました。そのため、ご挨拶状を添えてご配送によるご返礼をなさることが多いようです。

  • ※オンラインショッピングでは、ご挨拶状のお承りをいたしておりません。

ご葬儀のあと

お彼岸・お盆

宗派によって異なりますが、初めてお迎えになる新盆には、白地の提灯を飾る慣わしがあります。
お彼岸はお寺に行き、読経、焼香、墓参をいたします。

お中元・お歳暮/お年賀について

お身内を亡くされて一周忌までは喪に服しますが、お中元やお歳暮は、季節のご挨拶と共に、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを伝えるものですから、お控えになる必要はありません。
お年賀については欠礼のご挨拶状を、12月初旬に届くように出すのが通例です。

PAGE TOP