ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • 平成30年7月豪雨、平成30年台風21号、及び平成30年北海道胆振東部地震により、被災された皆様に心より御見舞申し上げます。

八つ頭、里芋

八つ頭、里芋

八つ頭、里芋とは

八つ頭、里芋をおせちに入れる際には、煮ものにするのが一般的です。八つ頭は里芋の一種ですが、ぬめりが少なく、里芋に比べると調理しやすいという特徴があります。

八つ頭、里芋の由来

八つ頭も里芋も親芋に小芋がたくさん付くことから、子だくさん、子孫繁栄の象徴とされ「子宝に恵まれますように」という願いが込められています。また八つ頭は親芋と小芋が密着して、頭がいくつもあるように見えることから、めでたい「お頭」がたくさんあり縁起が良いものと考えられています。名称には末広がりの「八」が付いていることから、「人の上(頭)に立てるように」との意味もあり、八つ頭は出世祈願としておせちに加えられることもあります。

八つ頭の煮物のレシピ

■ 八つ頭500g分

材料
八つ頭:500g
酢:適量
調味料
砂糖:200cc
しょうゆ:大さじ1半
  1. 1.たわしで八つ頭を洗い、乾燥させます
  2. 2.ひと口大の大きさに切って、厚めに皮をむいていきます
  3. 3.酢を入れた水200ccと2を鍋に入れて沸騰させます
  4. 4.2、3分ゆでたらザルに上げます
  5. 5.空の鍋に水1カップと砂糖、しょうゆを入れて、煮立ってきたら4を入れて柔らかくなるまで煮ます

ほっくりとしていて優しい甘さが魅力の八つ頭の煮物は、お芋の味を引き立てるお料理です。柔らかく煮るのがポイントですが、煮崩れしないように気を付けましょう。

  • ※こちらのレシピは、一般的な料理レシピのご紹介です。
  • ※レシピに関するお問い合わせは、受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP