ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮を贈る時のお日柄

お歳暮を贈る時のお日柄

お日柄はいつでも大丈夫

お歳暮を贈る際、お日柄を気にする必要はありません。お歳暮は慶事や弔事とは異なり、一年の感謝を伝える習慣です。そのため、お日柄を気にせず贈っても問題はないのです。

そもそもお日柄とは?

贈り物をする相手が上司や目上の方であれば、お日柄が気になることもあるかもしれません。その場合、最適な選択ができるようにお日柄についてご説明いたします。一般的にお日柄とは六曜(ろくよう)のことを指し、その名称から推測できる通り全部で6種類あります。また、六曜は六輝(ろっき)とも呼ばれています。

大安(たいあん、だいあん)

大いに安しという意味があり、何ごとにも吉とされています。元来「大安」という字は、平穏安泰に万事が進む「泰安」と書くことから、結婚式や結納などの慶事を行う日として最も選ばれており、新しい行動を始めるのにも最適です。

先勝(さきかち、さきがち、せんしょう)

先んずれば勝つという意味で、午前中が吉、午後が凶です。急ぎごとや願いごと、交渉ごとに良い日で、積極的に行動すれば良い結果になるといわれています。

先負(さきまけ、せんぷ、せんぶ)

先んずれば負けるという意味で、午前中が凶、午後が吉です。何事にも急がず慌てず控えめにし、急ぎの場合は午後に用を足すと良いといわれる日です。

友引(ともびき、ゆういん)

本来は勝負がつかずに引き分ける(共引)という意味で、新たな行動は控えるのが無難です。朝や夜は吉、昼間は凶とされています。近年では「友を引く→共に行く」意味で認識されていることが多いため、慶事の婚礼に好まれ、弔事の葬式は避けられます。

仏滅(ぶつめつ)

「物みな滅する日」という意味があり、一般的にすべてが凶に出るといわれています。何事も慎み、新しい行動は起こさない方が良い日ですが、一部では「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」と解釈され、大安よりも物事を始めるのに適しているとされます。

赤口(しゃっこう、じゃっこう、しゃっく、じゃっく、せきぐち)

鬼神が支配する日であり、午の刻(午前11時~午後1時)のみ吉で、それ以外は全て凶です。そして赤という字は火や血を表しているという考えから、火難や怪我に注意する日とされています。

また、六曜よりもさらに細かい十二直(じゅうにちょく)や二十八宿(にじゅうはっしゅく)というお日柄も存在します。これら全ての吉凶を把握して本当にお日柄の良い日を見つけるのは大変です。一般的には六曜までが広く認知されていますので、もしお日柄を選ぶとしても六曜を元に適切な日を選びましょう。

PAGE TOP