ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮のマナー

お歳暮は訪問して直接相手に渡すのが原則ですが、現在は百貨店などから直送することがほとんどです。直送する場合はあいさつ状を同封するか、荷物が届くころに、別にハガキを出しておくのがマナーです。あいさつのほかに、何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、万が一の場合に役立ちます。特に生鮮食料品などは、相手の都合などもありますので品物を贈る前にあいさつ状を出しておくのが気配りです。

お歳暮は日ごろお世話になっている人へのお礼であり、お祝いではありません。ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。また、目下の人からお世話になった目上の人に贈るのが一般的なので、あえてお返しはしないのが普通です。ただ、同僚、友人などの場合は、同程度の品物でお返しをした方がよいかもしれません。

お歳暮としてではなく、その場合は、年賀として贈ることもあります。ただ、いずれの場合も、礼状だけは出しましょう。相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切なことです。電話で済ませてしまう場合も多いようですが、はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、書面にしたためるのです。こうすることによって、相手との人間関係もよりスムーズになるでしょう。

お歳暮の送り状は、さらりと書くのが基本ですが、礼状は丁寧に書くのが基本です。品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手の心遣いに対する感謝を忘れてはいけません。男性自ら手配することは少ないので、「奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください」といった一言を添える配慮は必要でしょう。また、健康を祈る文章をつけるのも大切なことです。年賀状の時期が近いですが、ついでに済ませてしまうのは失礼にあたります。親しい人や目下の人には電話やメールでもいいので、きちんと礼の気持ちを伝えましょう。

お歳暮の礼を誰かに代わって書く人も多いでしょう。その際、気を付けなければならない点がいくつかあります。その人の言葉でそのまま書くときは、差出人としての夫の名前の左下に、少し小さめに「代」と書きます。自分の言葉で書くときには「内」と書きましょう。相手と面識があるのなら、連名にしてもいいですが、例えば、夫の上司の場合でしたら「内」を入れるのがマナーです。また、女性の場合、男性宛の手紙に女性の個人名は避けるのが基本です。

PAGE TOP