ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮にお返しは必要?

お歳暮にお返しは必要?

お歳暮は、普段お世話になっている人へ日頃の感謝を伝えるために贈るものです。そのため贈られた側は、基本的にお返しをする必要がありません。ただし、友人や同僚からお歳暮をいただいた場合は、お返しをしても問題ありません。いずれにしても、お歳暮をいただいたら、贈ってくれた人にはお礼を伝えるのが礼儀です。

お歳暮は本来お返しが不要

お歳暮は、日頃お世話になっていることに対する感謝の気持ちを表すために贈るものなので、本来お返しをする必要がありません。また、お歳暮は、お世話になっている上司や取引先、恩師など目上の人に贈ることが多く、贈られた側はお返しをしなくても失礼にはなりません。最近では、友人や同僚などの身近な人に日頃の感謝の気持ちを伝える手段として、お歳暮を贈ることがあります。このように、お礼を伝えるだけでは申し訳ないと思う人からのお歳暮については、お返しをしても問題ありません。

お返しをする場合はいただいた品の半額~同額程度に抑えよう

お歳暮のお返しをする場合、贈られた品の半額から同額程度の品を贈ることが望ましいです。その理由として、お返しとして贈る品が、いただいたお歳暮の品よりも明らかに高価なものだと「次回からはお歳暮を贈らなくていい」という意味で相手に伝わってしまうためです。これではお歳暮を贈っていただいた相手に対して、失礼になってしまいますので、お返しの品を贈る際には金額にも注意を払いましょう。

お歳暮のお返しは感謝の気持ちを込めたお礼状を送る

目下の人からいただいた場合でも、同僚からいただいた場合でも、お歳暮をいただいたら感謝の気持ちを込めたお礼状を送るのがマナーです。お礼状を出すことで、お歳暮をいただいたことに対する感謝の気持ちを示すだけではなく、贈り物を無事に受け取ったということを相手に知らせることができます。お歳暮をいただいた場合は、できるだけ早くお礼状を出すようにしましょう。電話やメールでも、とり急ぎ感謝の気持ちと贈り物を受け取ったことを伝えられますが、その場合も電話やメールの後に手書きのお礼状を出すのがマナーです。

PAGE TOP