ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮を贈る時に役立つ日本のしきたり

お歳暮を贈る時に役立つ日本のしきたり

大切なのは受け取る方への心遣い

日本の贈り物を贈る時のしきたりには、品物を贈る方への細やかな心遣いが反映されています。

贈る時期に合った季節感のあるものを選んだり、先方の好みや習慣、家族構成に配慮した品物を選んだりするのはもちろんのこと、先方の都合に合わせた配送を心掛けるなど、受け取る方のことを一番に考えた贈り物をすることが重視されています。例えば先方にお子様がいらっしゃればお子様も食べられるお菓子を贈る、先方が住まれている土地に名産品があればそれを避けるなどが考えられるでしょう。

あるいは、先方が日本の方ではない場合もあります。外国には、日本のように季節のあいさつに伴うギフトや、儀礼的な贈答の習慣はほとんどありません。そのため外国籍の方へお歳暮を贈る場合は、お歳暮の意味まできちんと伝えることが大切です。何を贈るかについても、好みや家族構成のほかに、国の文化や宗教に配慮したものを選ぶようにしなければなりません。

贈答の体裁を整える

日本のしきたりには、それぞれの贈り物に適した体裁があります。贈り物をする際には、先方に対して失礼に当たらないように体裁を整えた上で品物をお贈りしましょう。

お歳暮はお世話になった方へ一年の感謝の気持ちを表すものとして、相手宅を訪問して直接お渡しするのが正式なマナーでしたが、最近では百貨店やインターネットショッピングなどから直接配送でお贈りするという形が主流となりつつあります。しかし配送でお贈りする際にも、感謝の気持ちを記した送り状を送付するのがしきたりです。

またのしの表書きなどにも注意しましょう。表書きは「御歳暮」「お歳暮」あるいは「御礼」を使います。さらに、お歳暮を贈る時期を逃してしまい年が明けてからのお渡しになる場合には、のしの表書きを「御年賀」とし、それ以降であれば「寒中御見舞」「寒中御伺」などとします。のしには、お渡しのタイミングによって異なる表書きが使われ、こちらも礼節を重んじる日本だからこその大変細かな心配りといえるでしょう。

PAGE TOP