ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮を手渡しする時のしきたり

お歳暮を手渡しする時のしきたり

贈り物をお渡しする際の基本

贈答にもしきたりがあるので、知っておくといざという時に役立ちます。まず訪問してお歳暮を手渡しするには、室内に通された後、ご挨拶を済ませてからお渡しするのが基本です。

贈り物は風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーですが、持っていない場合には、デパートの紙袋で代用しても構いません。先方にお渡しする際は、必ず風呂敷であれば風呂敷を外し、紙袋に入っていれば紙袋から取り出して品物だけお渡しするのが作法です。贈り物をこれらの包みに入れたままでお渡ししてはいけません。風呂敷、または紙袋から出した贈り物は一度自分に向け、粗相がないか目視した後、包みをたたんでから品物の正面を先方に向けた形でお渡ししましょう。

贈り物の包み方には種類がある

お歳暮を風呂敷で包む方法ですが、風呂敷には贈る品物の形状やシーンによって、それぞれに適した包み方の種類があります。お歳暮を持参する場合におすすめなのが「平包み」という包み方です。これは風呂敷を結ばずに包む方法で、シンプルかつ手間がかかりません。同時にお渡しする際にもスムーズに取り出せるという利点があります。平包みは最も格式高い包み方であり、あらたまった席にも適しています。

また贈り物の包みに関してですが、先方にお渡しすることなく必ず持ち帰らなければいけません。風呂敷も紙袋も贈り物を包装するものではなく、汚れから中身を保護して持ち運ぶものです。さしあげるものではありませんので、注意してください。

お渡しの際には言葉を添えて

お歳暮を手渡しする際には、「年末のご挨拶のしるしとして、贈り物をお届けに上がりました」という旨の言葉を添えます。先方に普段からお世話になっていることへの感謝の気持ちを伝えましょう。加えて「評判のものとお聞きしましたので」や「お好みに合うと思いこちらを選びました」といったひと言を添えると、より思いが際立ちます。日持ちのしないものの場合は、「お早めにお召し上がりください」とつけ加えるのも忘れないようにしてください。

PAGE TOP