ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

UV対策特集

  • フェイス
  • ボディ他
SPFで選ぶ
  • SPF15
  • SPF20
  • SPF30
  • SPF40
  • SPF50

Q.UVケアはいつすべき?

A.紫外線量は季節とともに変化します。 下のグラフから、4月から9月までの期間は要注意です。

UVA(紫外線A波)は年間通して降り注ぎ、天候を問わず、窓ガラスなどをすり抜ける性質のため、屋内でもあびてしまう場合があります。
エネルギーが比較的弱いためすぐに影響を感じませんが、ダメージが蓄積されるので、適切な対策は美肌に必須です。

UVA(紫外線B波)は季節の差が激しく、日差しを感じやすい5月から8月がピークに。10月から3月は比較的少なく穏やかです。
B波は強いエネルギーを持っていて、炎天下で皮膚がヒリヒリと赤くなってしまういわゆる「日焼け」の状態は、紫外線B波が原因なのです。

グラフ 紫外線量の月別変動

Q.「SPF」や「PA」って何?

A.どちらも紫外線を防ぐ指標です。

UVB(紫外線B波)を防ぐ指標はSPF(Sun Protection Factor)です。
数字が大きいほどUVBを防ぐ効果が高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。

UVA(紫外線A波)を防ぐ指標はPA(Protection Grade of UVA)です。
「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表示され、「+」の数が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなっています。

紫外線量は場所や状況でこんなに違う!

曇り空や雨の日でも紫外線は届いています。また、地域や環境によっても紫外線量は変化します。
旅行やレジャーの際も、行く先の環境に合わせたUV対策が必要ですね。

紫外線量の違い

シーンに合わせた日焼け止めアイテムの選ぶ目安

グラフ シーンに合わせた日焼け止め

日焼け止めを利用する際のポイント

日やけ止めは塗り方も大切です。きちんと塗っていなければ、表示されている数値どおりの効果を発揮されません。
ムラがある塗り方や、薄すぎるなどの場合は充分な効果を得られませんので、注意が必要です。

また、UVAは雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日や日当たりの良い家の中であっても、UV対策をおすすめします。

紫外線についてもっと知りたい!

PAGE TOP