ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
>

出産

出産

妊娠から出産まである様々なお祝い事

最初は、妊娠5ヶ月目の戌の日に行う帯祝いです。この帯祝いは、妊婦さんのおなかに帯を巻いて妊娠を喜び、安産を祈る行事です。戌の日を選ぶのには、多産でお産の軽い犬にあやかるという意味があります。巻く帯は、岩のようにたくましく元気な赤ちゃんが生まれますようにという願いが込められ「岩田帯」と呼ばれます。

出産の後に控えているのがお七夜です。お七夜とは、生後7日目に行う名付けの儀式です。半紙や奉書紙に名前を書いた命名書を神棚や床の間、ベビーベッドなどに貼ってお披露目をします。お七夜では身内や夫婦だけで祝いの膳を囲むことが多いですが、名付け親がいる場合にはその方をお招きするのを忘れないようにしましょう。

お宮参りにもルールがあります

お宮参りは、生後約1ヶ月頃に行う行事です。その土地の守り神である氏神様(産土神とも呼ばれます)に、赤ちゃん誕生のご報告をするのと同時に、健やかな成長を願って参拝します。両家の祖父母が揃ってお参りをする際には、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母となっています。お祓いを受ける際には、あらかじめ社務所へ連絡しておくようにします。

そして、赤ちゃんの生後100日目に行うのがお食い初めです。これは我が子が一生食べるものに困らないようにと祈る儀式ですが、丈夫な歯になることを願うお祝いとして、歯固めとも言われます。尾頭付きの焼き魚や歯固めの石など、赤ちゃんのための祝い膳を用意し、両家の親族を招いて行います。その場にいる親族の中の最年長者が赤ちゃんを膝に抱き、祝い膳を食べさせる真似をするのが正式なやり方です。

今ではあまり聞かなくなった初誕生の儀式

満1歳を迎えると、初の誕生日を祝う初誕生があります。昔は親類縁者を家に招き盛大にお祝いしていた初誕生ですが、近年ではごく内輪でお祝いすることが多くなりました。初誕生には誕生餅という風習もあり、地域によっては一升の糯(もち)米でついた餅を子供に背負わせることもあります。これには一生食べ物に困らないようにとの願いが込められています。

これらのお祝い事の実施日はあくまでも目安であり、どれも無理をせず母子の健康状態に合わせて執り行うようにしましょう。

PAGE TOP