ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

婚姻

婚姻

結婚に至るまでの道のり

結婚は当人のみでなく、その家族同士の末永いお付き合いのスタートともなります。男女が夫婦となるまでは、決して平たんな道のりではありません。ここでは、入籍するまでの流れをご紹介します。

プロポーズ後、互いに結婚する意志が固まったら、双方のご家族へ報告をします。両家の挨拶に行く際は、まず男性が女性の家を訪れましょう。しかし、どちらかの家庭が結婚に難色を示しているようであれば、そちらを優先させます。大切なのは、両家の都合や事情を考慮すること。訪問時ですが、男性はスーツ、女性はワンピースなど、清潔感のあるフォーマルな服装を心がけてください。

簡略化されてきている結納

両家への挨拶が済んだら、婚約の儀式へと進みます。昔から日本の伝統的な習わしとして行われてきたのが結納ですが、近年は食事会や記念品の交換などを結納の代わりとするケースも増えており、婚約の儀式は年々シンプルなものになりつつあります。

また実際に結納を行う場合でも、正式な形ではなく略式で行うことが多くなっています。ただし、こういった儀礼に関しては親世代との価値観の相違もあるため、どのような形で行うかを結婚するふたりだけで決めることは避け、事前に両家の了承をもらっておくようにしましょう。結納品の代わりに交わす婚約記念品は、男性からは指輪、女性からは腕時計やスーツを贈るのがスタンダードとなっています。婚約が正式なものとなったら、職場の上司など仕事関係の方々にも速やかに伝えるようにしましょう。

婚約後には結婚式の準備が始まります。式の準備期間は挙式スタイルによって変わりますが、半年から3ヶ月程度を目安に進めます。日取りや場所、会場、予算、招待客などたくさんのことを新郎新婦が協力し合って決めていかなければなりません。ときには互いの家族に相談し、意見を仰ぐことも必要です。

結婚式から入籍まで

式の日取りについては招待客に配慮をし、仕事の忙しい時期や年末年始は避けるようにしましょう。遠方から来ていただく方へは、基本的に主催者側が交通費や宿泊費を負担します。また海外での挙式も定番のスタイルのひとつとなっていますが、この場合にはパスポートの準備や旅行の支度があるため、招待客や家族に前もって確認を取ってから進めるようにしましょう。披露宴に招待できなかった方々からのお祝いには、披露宴後1ヶ月以内に内祝いを贈ってお返しをします。

結婚式が済んだらいよいよ入籍ですが、現在は式の前に結婚生活をスタートさせ、役所での各種手続きを婚姻届の提出と一緒に行うカップルも多くなっています。入籍のタイミングについては個々の状況によっても異なるため、必ずしも結婚式後と決まっているわけではありません。

婚姻届は全国の役所で1年間を通して24時間いつでも提出することが可能です。不備がないよう必要書類をしっかりと準備した上で届け出をしましょう。どの過程においても、当人とその家族でよく話し合い、スケジュールを決めて進めてください。

PAGE TOP