ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • お中元最繁忙期の為、お届けまでの日数が通常(平均7日~10日)より長くかかる場合がございます。あしからずご了承くださいませ。

結婚記念式

結婚記念式

結婚した年数によって変わる式典

結婚記念式とは、夫婦が入籍をした日や結婚式を行った日を祝う式典のことです。その年数に応じて名称や贈り物が大きく変化しますが、これらに使われる名称にはしっかりとした由来と意味が備わっています。

年数名称由来
1年目紙婚式白紙にふたりの思い出を刻んでいくようにと「紙」という字が使われています。
5年目木婚式5年の月日が経ったことで、1本の木のように夫婦が安定しているという意味が込められています。
10年目錫婚式錫(すず)のように柔らかさと美しさを兼ねた夫婦を表しています。
15年目水晶婚式信頼し合う水晶のような心を持つ夫婦を表しています。
20年目磁器婚式磁器は年を重ねるほどに値打ちが出ることから、それを夫婦に重ね合わせて付けられた名称です。
25年目銀婚式「味わい」の例えに用いられる通り、いぶし銀のような内面の美しさを表しています。
30年目真珠婚式夫婦の関係を富と健康を表す真珠で表しています。
40年目ルビー婚式夫婦の深い信頼関係や誠意を真紅のルビーになぞらえています。
50年目金婚式50年という節目の年には、金色の輝きを得た夫婦を例えて「金」が用いられています。

それぞれには確かな意味が存在します

結婚1年目の記念日は「紙婚式」と呼ばれます。記念日を祝して夫婦同士が贈り物をする際も、その名前にちなんで日記帳やアルバムなどの紙製品が好まれます。紙婚式は「白紙から夫婦の生活がスタートする」という意味を持ち、門出を祝うのに相応しい名称となっています。

ほかにも、結婚15年目を祝う「水晶婚式」は「信頼し合う水晶のような心を持つ夫婦」という意味を持ち、贈り物もそれにちなんでクリスタルグラスや水晶の指輪のようなガラス製品が好まれます。

また結婚25年目を「銀婚式」、50年目を「金婚式」と呼ぶように年数を重ねるごとに名称が豪華絢爛になる特徴があり、次第に固いものや価値のあるものに移っていくのは、夫婦の絆が少しずつ固くなっていく様子を表しています。金婚式のさらに上の名称として結婚55年目の「エメラルド婚」、60年目を祝う「ダイヤモンド婚」と続き、それぞれの宝石をあしらった製品が贈り物として使われます。

結婚記念式はイギリスが発祥?

このように結婚記念日の習慣は、イギリスがその発祥とされています。もともとは結婚5年目、15年目、25年目、50年目、60年目の計5回を祝っていたものがアメリカに伝わり、祝う回数を増したのちに日本に伝えられました。明治27年に明治天皇が「大婚25年祝典」を行ったことがきっかけで、一般の人々にも結婚記念日をお祝いする習慣が広く普及していったのです。

PAGE TOP