ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

新築

新築

家や社屋を建てる際には、敷地を清めるほか無事や繁栄を祈るための儀式を行います。「地鎮祭」「上棟式」「竣工式」の3点ですが、順にご紹介します。

土地の神様を鎮める「地鎮祭」

まず地鎮祭ですが、この祭儀には神主をお招きします。地鎮祭は、「氏神様」と呼ばれる住まう土地を守っている神様にお祈りをする儀式で、工事関係者はこの地鎮祭を終えた後に初めて着工に取りかかります。

この儀式の起源はとても古く、約1,300年前(西暦690年)には地鎮祭を行っていたという記録が「日本書紀」に残されています。このことから、日本に住まう人々は古来から、八百万の神様に工事の安全と家や建物の繁栄を祈願していたことがわかります。

また、地鎮祭は「じちんさい」だけでなく、「ぢまつり」や「とこしずめのまつり」などと言われることもあります。

基礎工事の後に行われる「上棟式」

地鎮祭が執り行われ、基礎工事が完成した後は「上棟式」が行われ工事の無事を再度祈ります。この上棟式も神主を招いて行われますが、現在は工事関係者の棟梁が執り行うのが一般的です。この上棟式では全員でお神酒をいただくほかに、地域によっては「散餅の儀」と呼ばれる儀式が行われます。これは完成した梁や屋根の上から紅白の餅を撒いて災いを祓う神事です。

建物の無事を祝う「竣工式」

工事が終了して家や社屋が完成した際には「竣工式」と呼ばれる式典が行われます。これは建物が無事に完成したことを祝う儀式ですが、ほかにもお世話になった方や工事関係者へ感謝の意を表したり、労をねぎらうという意味もあります。また、竣工式で行うテープカットは「入鋏(にゅうきょう)の儀」とも呼ばれ、店舗のオープニングセレモニーや道路の開通式など様々な式典で行われている儀式です。

「お神酒」にまつわる豆知識

最後に、地鎮祭や上棟式で神様に捧げられるお酒の「お神酒」ですが、これは施主が用意しなければならないので必要かどうかを神社や施工業者にあらかじめ聞いておくとよいでしょう。このお神酒は工事の無事を祈った後に全員でいただきますが、農村部においてはその土地で取れた米から濁酒(どぶろく)を作ってお神酒に使う地域も存在します。

PAGE TOP