ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

長寿

長寿

還暦から始まる長寿のお祝い

長寿のお祝いは「賀寿」と呼ばれ、60歳の還暦から行われるようになります。日本人の平均寿命は、戦後ようやく50歳を超える程度だったので、60歳まで長生きできたことを大変おめでたいとして祝っていました。しかし現代では、日本人の平均寿命は80歳を超えるまでに伸びました。このことから、60歳の還暦よりも、70歳の古稀以降から長寿祝いを行う傾向にあります。またお祝いをする年齢ですが、還暦のみ数え年61歳、満60歳で祝い、そのほかに関しては満年齢で祝う人が増えています。

数え歳名称祝いの色由来
61歳
(満60歳)
還暦
(かんれき)
60年で十干十二支の暦が一周して生まれた年の干支に戻るため、暦が還ることから「還暦」と呼ばれます。同様の理由で「本卦還り」とも呼ばれます。
66歳緑寿
(ろくじゅ)
喜寿や米寿、白寿のように数字の重なる縁起のよい「66歳」を「緑緑」と字を当てて祝います。
70歳古稀
(こき)
中国の詩人、杜甫の詩に「人生七十古来稀也(70歳まで長生きすることは稀だ)」とあることにちなんでいます。
77歳喜寿
(きじゅ)
「喜」という字をくずし字で書くと、十七の上に七が乗っているように見えることから喜寿と呼び、お祝いするようになりました。
80歳傘寿
(さんじゅ)
金茶「傘」の略字を分解すると八と十になることから傘寿と呼ばれます。
88歳米寿
(べいじゅ)
金茶「米」という字をくずし字で書くと、八十八と読めるため米寿と呼ばれます。
90歳卒寿
(そつじゅ)
「卒」の略字が九十に分解できるため卒寿と呼ばれます。
99歳白寿
(はくじゅ)
「百」から「一」を引くと「白」になるため白寿と呼ばれます。
100歳百寿
(ひゃくじゅ)
「百寿(ももじゅ)」、「紀寿(きじゅ)」、「上寿(じょうじゅ)」、「百賀の祝い(ひゃくがのいわい)」とも呼ばれます。

お祝いの時期は当人の都合に合わせて

長寿をお祝いする日は、誕生日のほかに敬老の日や盆、正月など様々です。本人の希望や体調、お祝いする人が集まりやすい時期を考慮して行うとよいでしょう。

PAGE TOP