ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • お中元最繁忙期の為、お届けまでの日数が通常(平均7日~10日)より長くかかる場合がございます。あしからずご了承くださいませ。

成人式

成人式

成人式の由来は「元服」のお祝い

成人式は一生に一度の晴れの日ということで、慶事としてお祝いされています。冠婚葬祭という言葉の「冠」は元服、つまり今の成人式を表す言葉です。古くから人生の重要な節目として大切にされてきたということがわかります。

現在のように成人のお祝いが「成人式」と呼ばれる以前、成人の儀式は「元服」と呼ばれており、古くは奈良時代から行われていました。男子は、髪を結い、冠や烏帽子(えぼし)を着け、服装をあらためることで成人したということを周囲に示していました。その際には、特定の人物に烏帽子親という仮親になってもらい、頭に冠や烏帽子を被せてもらいました。女子の場合は、裳(も)という腰から下にまとう衣服を身に付ける「裳着」、髪を結い上げる「髪上」、歯を黒く染める「鉄漿付け(かねつけ)」を成人の儀礼としていました。

このような儀式には、現在のように20歳といった年齢基準はなく、例えば「鹿をひとりで狩る」「米俵をひとりで運ぶ」など、その行為ができれば成人として認められるというものでした。しかしそういった風習もいつしか一部の地域を除いて衰退していきました。

成人式はもともと1月15日でした

男子に限ってですが、明治以降は徴兵検査を受けることが成人したという意味合いを持つようになり、このことが今日における成人式制定のきっかけとなりました。戦後には兵役の義務がなくなり、1948年に「国民の祝日に関する法律」が制定されたことで、翌年1949年から1月15日が「成人の日」として正式な祝日と定められ、現在のように「成人式」として式典が行われるようになりました。1月15日に制定されたのは、旧暦で言う新年最初の満月に元服を行うという風習があったためです。

近年の成人式では、女性は振袖、男性はスーツや袴などの正装に身を包み、主に自治体が行う式典に出席して、市長や来賓などから祝福の言葉を贈られます。2000年には祝日法が改正されたことで、1月15日だった成人の日が1月の第2月曜日になりました。

現代では20歳という年齢をもって成人とみなされ、飲酒や喫煙が許されたり、年金の加入義務が課されたり、契約行為に親の同意がいらなくなったりします。今も昔も変わらず、成人式は両親や周りの大人達に保護されてきた子供時代を終え、自立し、大人の社会へ仲間入りすることを自覚するための儀式です。これからも成人式は、新成人が大人としての誇りを持ち、周りの人がそれを祝福する式であり続けることでしょう。

PAGE TOP