ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

バレンタインデ―当日じゃなくても大丈夫

バレンタインデー当日に渡せない場合は?

バレンタインデー当日に贈り物を渡せない時は、別の日にしましょう。親しい方に贈る場合は日付にこだわりすぎる必要はありませんが、基本的にはバレンタインデーより前に渡すことをおすすめします。また極端にバレンタインデーと期間が空かないように、2月中にするのが良いでしょう。ではバレンタインデー当日に渡せない場合は前が良いのでしょうか、それとも後が良いのでしょうか。以下にそれぞれのメリットをご紹介します。

バレンタインデー前に渡す場合

バレンタインデー前に贈り物をするのであれば、販売店が混雑する日をある程度避けることができるため、バレンタインデー当日よりはゆったりと贈り物を選ぶことができます。また渡しそびれてしまっても、期間に余裕があるため、また日をあらためて贈るというように柔軟に対応することができるでしょう。贈るものが本命チョコレートならば、ほかの人よりも先に渡すことが利点となるかもしれません。バレンタインデー前に贈り物をする場合は、予定が伸びてバレンタイン後とならないように、いつ渡すかという具体的な日付を決めておくと良いでしょう。

バレンタインデー後に渡す場合

バレンタインデー後には商品が値引きされていることもあるため、安価に贈り物を購入できるメリットがあります。ただしお目当ての商品がすでに手に入らない可能性も十分に考えられます。普段とは比較にならない程多くのチョコレートが店頭に並ぶのは、バレンタインデー当日までです。この日までにチョコレートを手に入れなければ、その年話題のチョコレートや、定番として高い人気を誇るチョコレートは売切れてしまうかもしれません。どうしても購入したいものがあれば、バレンタインデー当日までに入手しておきましょう。

贈り物を配送することもできる

配送であれば、確実にバレンタインデー当日に贈り物を渡すことができます。当日渡すことにこだわりたい、相手が遠方にお住まいだから、という場合は、送る日付や時間帯を先方に確認してから配送すると良いでしょう。チョコレートのように溶けやすいものでも、チルド便を利用することで保存状態の不安はなくなります。贈り物をインターネットショップで購入した場合は、直接先方のご自宅に配送することもできますし、店頭で購入したものを配送してもらうこともできます。どのような贈り方を選ぶにしても、早目の準備を心がけると安心です。

PAGE TOP