ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • 西日本を中心とした大雨の影響により、お荷物のお届けに遅延が生じております。「お届け日指定」「お届け時間帯指定」についてお届けできない場合がございます。   お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申しあげます。

まずは規則の確認

職場で贈り物を渡す時の注意点は?

職場でバレンタインデーの贈り物を渡す時は、規則の確認をすることが大切です。社内の決まりとして社員同士の贈り物を禁止している会社もあるので、バレンタインデーの贈り物をしても良いか、上司や社歴の長い先輩に確認を取りましょう。そしてとくに禁止されていないようなら、以下の3点を守ってバレンタインデー当日を楽しんでください。

購入する際の価格

まず贈り物を準備する際は、価格に注意しましょう。あまりに高価なものは選ばないのが無難です。ひとりに何万円もするようなものを贈ってしまうと、お返しに気を遣わせることになります。逆に駄菓子のように安価なものも贈り物としては失礼に当たります。職場で贈り物を渡すのであれば、高価でも安価でも極端な価格の品物は避けましょう。もしも迷った場合は、周りに「昨年は何を贈りましたか?」と尋ねてみるのもおすすめです。

品質を統一

次に複数の方にバレンタインデーの贈り物をする時は、品物の質に差をつけない配慮が必要です。露骨に差が出ると良い気持ちがしない方が出てしまいます。相手に喜んでいただくための贈り物でそのようなことが起こってはもとも子もありませんので、可能であればラッピングも同じもので揃えるとトラブルを未然に防ぐことができます。

手渡すタイミング

最後に贈り物を渡すタイミングですが、業務を中断するのは避けましょう。勤務時間の前後やお昼休みなどを利用して、相手も自分も忙しくないタイミングを見計らうことが大切です。ただしどこかに呼び出してこっそり渡す必要はありません。誰に対してもオープンな場で、平等に渡すのが職場の輪を乱さない秘訣です。もしも贈り物を渡したい特定の相手がいるのであれば、職場ではなくプライベートで渡すのが良いでしょう。

贈る相手への配慮を心がける

職場でバレンタインデーの贈り物を渡す光景は珍しくありません。日ごろの感謝を込めてバレンタインデーの贈り物をすることは、コミュニケーションを活性化する良い効果があります。ただし職場で渡す際は、職場の雰囲気や贈る相手に十分配慮し、自己満足な贈り物にならないよう注意しましょう。

PAGE TOP