ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お中元の時期はいつ?地域によって違う?
気になるマナーも紹介!

お中元を贈る時期は先方の地域に合わせて

お中元を贈る時期は先方の地域に合わせて

上半期の感謝の気持ちを伝えるお中元。夏に贈るイメージはあるものの、「お中元の時期って、いつからいつまで?」「もしかして地域によって贈る時期が違う?」など、いざとなるといろいろと疑問が湧いてくるかもしれませんね。
実は、お中元を贈る時期は、日本国内でも地域によって異なるのです。日頃、お世話になっている方に失礼のないよう、お届け先の地域に合わせて、正しい時期に贈りたいものです。そこで、地域別にお中元を贈る時期をご紹介します。

【北海道】7月中旬から8月15日まで

北海道のお中元の時期は、旧盆にかかる7月中旬から8月15日までと言われています。比較的、期間が長いので、「いつ贈ったらいい?」と迷ってしまったら、全国の一般的な期間と重なる7月15日を目安にするとよいでしょう。
また、遠方から配送する場合は、日数がかかることもあるので、余裕を持って手続きを。
8月16日以降は「残暑御見舞」という形になります。

【東北・関東】7月初旬から7月15日まで

東北・関東地域では7月初旬から7月15日までの約2週間と期間が短いので注意が必要です。最近では関東地域を中心にお中元の時期が早まる傾向にあり、6月下旬から贈る人も。直接手渡しできればベストですが、最近では宅配便などが主流ということもあり、この期間に配送が集中してしまう可能性もあります。早めの時期から配送予約をしておくのが安心でしょう。

【北陸】7月または8月(地区によって異なる)

北陸では地区によってお中元の時期が異なるので、注意が必要です。
例えば、金沢の都市部や新潟では7月初めから7月15日。石川県の能登地方、富山県では7月15日~8月15日(または16日)という具合です。
お届け先の地区の時期を調べて、失礼のないように贈りたいものです。
ちなみに、この地域でも、年々お中元の時期が早まっているので、もし迷ってしまったら7月15日に届くようにすれば無難です。

【東海、関西、中国、四国】7月中旬から8月15日まで

7月中旬から8月15日と、お中元の時期が比較的長い地域です。
ただし、静岡や愛知の都市部では、お盆が7月という地区もあり、名古屋の中でもお盆を7月または8月に行う地区に分かれます。
この地域の方にお中元を贈る場合は、適切な時期を調べるのがベターです。
なお、8月16日以降は「残暑御見舞」扱いになりますが、遅くても8月25日ごろまでには届くように手配しましょう。

【九州】8月1日から8月15日まで

九州では、どの県も8月1日から8月15日が一般的です。全国で最も時期が遅く、期間も短く、関東や東北などとほぼ1カ月のズレあるので、送り忘れがないように注意してください。
ただ、他地域と同様、九州でもお中元の時期が早まる傾向にあり、7月に贈る人も増えています。相手と親しい間柄であれば、忘れのないように早めに贈るのもいいかもしれません。

【沖縄】旧暦のお盆。毎年時期が変わる

沖縄のお中元の時期は、他の地域と比べてかなり特殊です。沖縄では、いまでも旧暦を基準に行事が行われることが多く、お中元の時期も沖縄のお盆にあたる「旧暦の7月13~15日まで」が基準です。
新暦に変換すると、毎年日付が変わるため、お中元を贈る際にはインターネットなどで旧暦のカレンダーを調べて予定をたてましょう。

ちなみに、沖縄のお盆を新暦で見てみると…
2019年:8月13日~15日
2020年:8月31日~9月2日
2021年:8月20日~8月22日
となり、年によって時期がバラバラなのがわかります。

「のし」や「送り状」などお中元のマナーを紹介

「のし」や「送り状」などお中元のマナーを紹介

ここでは実際にお中元を贈る際のマナーについてご紹介します。せっかくの贈り物。相手に気持ちよく受け取ってもらえるように、基本的な作法などを知っておきましょう。

熨斗(のし)の選び方と書き方は?

【お中元には、紅白蝶結びののし紙を】
お中元に適しているのは、一般的に紅白の5本または7本の「蝶結び」のデザインののし紙です。何度も結びなおせる「蝶結び」は、繰り返したい祝い事やお礼によいとされています。

■表書きと名前を表記
濃い色の墨を用いて、毛筆、楷書体で書くのが一般的ですが、最近では筆ペンやサインペンなどでも失礼にはあたりません。
中央に贈る目的を意味する「表書き」を記入。お中元の場合は「お中元」または「御中元」です。水引の下に表書きより少し小さめの文字で自分の名前をフルネームで書きます。目下の人に贈る場合は姓だけでも構いません。
連名にする場合は3名まで。右から左へ地位・年齢の高い順に名前を連ねます。それ以上の人数になる場合は、代表者の名前を中央に書き、「他一同」と左下に表記しましょう。代表者以外の名前は封書で添えます。
■宅配便なら「内のし」を使用
のしには、贈り物に直接つける「内のし」と、包装紙の上からつける「外のし」があります。直接、手渡しできる場合は「外のし」がよいでしょう。ただし、宅配便などで配送する場合は、破れてしまうのを防ぐため「内のし」にするのが無難です。
してみてください。

宅配便で送るなら「送り状」が必要?

一昔前は、先方のお宅や取引先などに訪問し、手渡しするのがよいとされていましたが、昨今ではお互いの都合も考えて、宅配便などの利用が一般的になっています。
しかし、いきなり品物だけを贈るのは失礼になることも。親しい間柄の人には電話やメールでも大丈夫ですが、目上の方などには贈り物に挨拶状を添えるか、別途、送り状を郵送するのがマナーです。
送り状は、封書が一番丁寧ですが、はがきでも構いません。また、手書きではなくパソコンで作成した文書でも、最近は失礼にはあたりません。大切なのは、感謝の気持ちを伝えること。定型文だけでなく、自分の近況やオリジナルの文章を加えたり、宛名や署名だけでも自筆にすると温かみが増します。 品物が届く予定の2、3日前に届くように送りましょう。

「喪中」の場合でも、お中元を贈ってもいい?

お中元は、お祝いごとの贈り物ではなく、感謝の気持ちを伝えるもの。ですから、自分または先方が喪中の場合でも、お中元を贈る、受け取ることは差し支えありません。
ただし、贈る際は、のしや水引を使わず、無地の白い紙に「お中元」または「御中元」と書きましょう。また、どうしても気になる場合は、先方の了解を得た上で「暑中御見舞」(土用の入り以降立秋まで)や「残暑御見舞」(立秋以降)の形で贈る方法もあります。
ちなみにキリスト教では、喪中という考え方は存在しないので、特に問題はありません。

お中元をうっかり贈り忘れてしまったら?

地域別にお中元を贈る時期を前述しましたが、期間内にうっかり贈り忘れてしまった場合も、「暑中御見舞」「残暑御見舞」として贈れば大丈夫です。
「暑中御見舞」は、梅雨明けから立秋前日まで(8月6日ごろ。毎年前後します)。
「残暑御見舞」は、立秋から8月末までです。
のしへの表記もそれぞれ書き換えましょう。この場合、目上から目下の人に贈る場合は、「暑中(残暑)御見舞」で構いませんが、目下から目上の人に贈る場合は「暑中(残暑)御伺」とするように気をつけましょう。

お中元の歴史と由来は?

実は、「お中元」のルーツは中国にあります。中国の三大宗教である「道教」では、旧暦1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」と呼び、それぞれの日を神様の誕生日であるとして、お供え物をそなえて神を奉る行事がありました。このうちの「中元」は地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という名前の神様の誕生日で、さまざまな罪が赦される「贖罪」の行事が行われていました。
また、中国の仏教では、その同じ時期に盂蘭盆会(うらぼんえ)という先祖の霊を供養する行事もあります。この「中元」と「盂蘭盆会」が交ざりあって、日本に伝わったのが「お中元」の始まりと言われています。
まずは室町時代に上級階層で贈り物のやりとりをする風習が広まりました。その後、江戸時代になると、商人たちが決算期である中元や歳暮の時期に、商い先やお世話になった方々への贈り物を渡すようになったことが、「お中元」の習慣化につながったようです。次第に、上級階層だけでなく一般市民にとっても、「お中元」のやりとりは身近なものになっていき、明治以降には都市部への人口集中で人々の交際範囲が拡大したことなどにより、本格的に盛んになりました。

お中元とお歳暮の違いは?

お中元とお歳暮の違いは?

お中元とお歳暮、それぞれの意味は?

お中元は前述の通り、中国から伝わった習慣がもとになっています。
一方で、お歳暮はもともと日本にあった行事です。江戸時代の武士がつくる「組合」の「組頭」に日ごろの感謝を込めて贈ったのが始まり。その後、本家や家元にも贈るようになり、その習慣は商人や庶民にも広がっていきました。
由来は違いますが、現代ではどちらも「お世話になった方々に感謝の気持ちを形にして伝える」ことが目的。どちらも大切にしていきたい習慣です。

お中元とお歳暮、贈る品物の違いは?

お中元を贈るのは、ご存知の通り一般的に7月、8月という暑さが厳しい季節。大切な方々への、「暑い時期に体調を崩しませんように」という気持ちが込められています。
お歳暮には、この一年を締めくくる感謝の気持ちはもちろん、「翌年もよろしくお願いします」というご挨拶の意味が込められます。
お中元とお歳暮では、贈る時期、込める気持ちや意味合いが異なるので、おのずと選ぶ品物も違いが生まれます。

■お中元に適した贈り物
暑い時期を快適に過ごせるように、冷たいもの、喉に通りやすいものが人気の贈り物になっています。
ビールや清涼飲料水などの飲み物、ゼリーや水ようかんなどの水菓子、そうめんなどの季節のものなど。また、メロンやマンゴーなどのフルーツも定番です。
■お歳暮に適した贈り物
年末年始など、人が集まる機会が多い時期。食卓を彩る華やかな贈り物が多く選ばれます。
鍋ものに最適な蟹やふぐ、おせち料理の食材になる海老や数の子などの海産物、お正月に家族で食べられるハムやソーセージ肉類など。また、お歳暮でもビールやフルーツなどは人気です。

お中元とお歳暮、どちらかでも大丈夫?

このように、お中元とお歳暮はほぼ同じ意味を持ちますが、それぞれの季節や贈る意味を考えると、どちらも大切にしていきたい習慣です。
それぞれ上半期と下半期の節目に、お世話になった方々へ「感謝の気持ちを伝える」ことが目的ですから、基本的にはお中元とお歳暮はセットで贈ることが礼儀だと考えたほうがよいでしょう。
遠方に住んでいたり、お互い多忙な日々を送っていると、なかなか会ってお礼を伝えることは難しいと思います。だからこそ、大切な方々の笑顔を思い浮かべて、贈り物を選ぶ時間も大事にしたいものです。お中元は、人と人との関係をより深めてくれる。そんな素敵な意味を持つ行事でもあるのです。

PAGE TOP