ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

内祝い

内祝いの基礎知識

内祝いやお祝い、お返しに欠かせない熨斗(のし)や掛け紙について、一般的なマナーや知識をご紹介します。

  • ※標準的な説明となります。地方ごとのしきたりや慣習とは異なることもありますのでご了承ください。
    大丸松坂屋オンラインショッピングでは、のしは受注百貨店や受注エリアにより異なります。

のし&掛け紙

のしとは、慶事の進物や贈答品につける飾りのこと。元来、のしはアワビの身をそいで干したものでしたが、現在は紙で代用したものや、掛け紙に直接印刷するのが一般的。また、のしは慶事の象徴なので、弔事や病気見舞いにのしは付けません。

水引

水引とは進物の包みを結びとめる紐を指します。用途に応じて結び方や色が異なります。

  • 【蝶結び】

    【蝶結び】

    何度も結び直しができることから、何度も繰り返したい慶事に用いられます。

  • 【結び切り】

    【結び切り】

    簡単に結び直しができなことから、二度と繰り返して欲しくない場合(快気祝いや結婚など)に用います。通常水引は5本ですが、結婚の場合のみ10本となります。

  • 【結び切り(弔事)】

    【結び切り(弔事)】

    弔事の場合、水引の色は一般的に黒白(東日本)または黄白(西日本)となります。黒銀の場合もあります。

表書き&名入れ

表書きには「御祝」や「内祝」など、贈答の目的を書きます。名入れは贈り主の名前を。

[大丸の例]
[松坂屋の例] 松坂屋の場合、通常はのしとしてリボンカードが付きます。

内祝いとは

内祝いの由来

近年では、「内祝い」は、お祝いを贈ってくれた方に「お返し」をするような意味合いが強くなっていますが、「内祝い」とは本来、出産や結婚、入学、成人、就職、新築、改築など、人生の節目となる記念日に、親せきや友人知人、ご近所などに配るギフトのことを指します。「うちでこんな慶事がありましたよ」と周囲に知ってもらうためのもので、一緒に喜びを分かち合う、「お裾分け」の気持ちが始まりです。個人のお祝いはもちろん、企業や商店などが、「何周年記念」「リニューアル」などと称してお客さまに配ることもあります。
しかし、現在ではお祝いに対する「お礼」の意味合いが強く、いきなり内祝いを渡すと驚かれることもあるようです。中には、「こちらから何もお祝いの品を渡していないのに…」と戸惑いを感じる方がいるかもしれません。

最近の内祝いの傾向

昔は、お赤飯や紅白まんじゅうなど、定番の内祝いギフトがありました。昨今では、石鹸・洗剤やタオルといった日用品や、日持ちのするスイーツなど食料品が人気ですが、贈り先が本当に欲しい品物を、カタログギフトの中から選んでいただくという方法も流行しています。金額の目安としては、相手からお祝いをいただいた場合、その半分から3分の1くらいが一般的。また、慶事からあまり日程を置かずにお贈りすることも大事です。
さらに、地域によっては、贈るべきもの、避けるべきものが決まっていることがあります。タブーに関しては、事前に確認しておくとよいでしょう。また中には、内祝いを辞退される方もいますが、そういうときには訪問の際にさりげなく手土産を持参したり、お礼状を書いて渡すなどするとよいでしょう。

内祝い
ご案内
用途から探す
定番ギフトから探す
カテゴリから探す
条件から探す

PAGE TOP