ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

ホワイトデーの由来とは

ホワイトデーの由来とは

菓子業界の販売促進のために誕生

ホワイトデーの由来は諸説ありますが、菓子メーカーの経営戦略が起源とされています。国民的なイベントのひとつとなったホワイトデーが誕生した経緯をご紹介しましょう。

昭和50年代の日本では、女性が男性にチョコレートを渡すバレンタインデーは定着していましたが、男性が何かをお返しするという日はとくに定まっていませんでした。そこに「贈り物にはお返しをする」という日本人の文化・習慣に着目した全国の菓子メーカーが、個々に独自の日を制定して、マシュマロやクッキーをお返しするというキャンペーンを行ったのです。

飴菓子業界の全国組織である「全国飴菓子工業協同組合」がこの流れに目をつけ、菓子業界の販売促進に結びつけようと、1978年にホワイトデーを生み出しました。そこから2年間の準備期間を経て、有名デパートやラジオ広告でキャンペーンを展開したのが1980年のことです。その後も毎年ホワイトデーには大々的なキャンペーンが行われ、開始から5年で売上50億円以上にものぼる国民的行事に成長しました。

日付や名前の意味とは

ちなみにホワイトデーを3月14日に定めた理由には、「日本で初めて飴が作られたのがその日であった」という説や、「バレンタインデーを終えた菓子業界を多忙にさせないため」などの説が存在します。加えてホワイトデーというネーミングについては、既に欧米に存在していた習慣にならって「フラワーデー」「クッキーデー」など様々な候補が選出されましたが、白い色は若者の純粋な愛のシンボルという考えのもと、最終的にホワイトデーと名づけられました。

海外にも広まったホワイトデー

30年以上の歴史を持つホワイトデーですが、現在日本だけではなく中国、台湾、韓国にも広まっています。贈り物もキャンディーやクッキーに限らず、アクセサリー、化粧品、花束など様々なプレゼントが選ばれるようになりました。そのため大手の菓子メーカーに限らず、あらゆる業界でホワイトデーに合わせた企画や商品が作られています。

PAGE TOP