ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮を喪中のご家庭へ贈る時

お歳暮を喪中のご家庭へ贈る時

喪中とは、身内がなくなった場合に、故人の冥福を祈りながら慎ましやかに生活する期間のことです。喪中の期間は、お祝いごとや遠方への旅行などを控えて生活するのが習わしとなっています。そのため、お歳暮を贈ることをためらう方もいるかもしれません。

喪中のご家庭にお歳暮を贈っても良い?

喪中のご家庭にお歳暮を贈っても問題はありません。そもそもお歳暮は、お祝いごとのために贈るものではなく、感謝の気持ちを伝えるために贈るものなので、喪中であっても贈ることに問題はありません。喪中にお歳暮を贈るのがどうしても気になる場合は、先方に事前に断わりを入れ、了解を得たうえで時期をずらして寒中見舞いとして贈る方法もあります。

喪中のご家庭に贈る際に気を付ける点

喪中のご家庭にお歳暮を贈ること自体は問題ありませんが、いくつか気を付けるべき点があります。

忌中

忌中、すなわち四十九日の間は避けるようにしましょう。忌中の方は四十九日を迎えるまで、身内が亡くなったことで色々と対応しなければならず、まだ心も落ち着いていません。相手の立場に立ち、心情を察することを第一としましょう。また四十九日以内に贈るとお歳暮というよりも、香典としての意味合いに取られるため、先方に感謝の気持ちが伝わりづらくなります。四十九日まで待つとお歳暮の時期を逃してしまう場合には、「寒中見舞」として贈るようにしましょう。

故人宛てに贈らない

亡くなる以前にお世話になっていて、例年お歳暮を贈っていたとしても、故人宛てに贈ってはいけません。残されたご家族を、辛く悲しい気持ちにさせてしまいます。人が亡くなった時というのは、縁が切れた時とされているため、感謝の気持ちがあっても故人宛てに贈る必要はありません。

喪中の人が贈る時

喪中の人がお歳暮を贈る場合には、先方に不幸があったわけではありませんので、普段通り贈っても問題ありません。ただし相手によっては、死を「穢れ」と考え、喪中の人からの贈り物を縁起の良くないものと捉える方もいます。また、気を遣わせてしまうことも多いため、やはり四十九日をすぎてから水引を掛けずに贈る方が無難でしょう。

PAGE TOP