ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮を贈るとき、送付状(挨拶状)はどう書けばいい?

お歳暮を贈るとき、送付状(挨拶状)はどう書けばいい?

お歳暮を贈るときの送付状(挨拶状)は、贈る相手への感謝の気持ちを込めて書くことが大切です。お歳暮の送付状は、できるだけお歳暮よりも少し前に届くように送ります。送付状を送ることで、日ごろからお世話になっている相手へ、日頃の感謝の気持ちを伝えることができます。それ以外にも、送付状を送ることで、万が一お歳暮が到着しなかった場合の備えにもなります。

送付状の書き出しは丁寧な挨拶から書こう

送付状の書き出しとして、まず拝啓や謹啓といった頭語から入るようにしてください。そして次に、時候の挨拶の言葉を使うようにしましょう。お歳暮は季節の贈り物なので、お歳暮を贈る相手が親しい間柄の人であっても送付状には時候の挨拶を入れるのがマナーです。

相手への気遣いの言葉と感謝の気持ちを書こう

送付状の書き出しの挨拶文を書き終えたら、次に相手への気づかいの言葉と感謝の気持ちを書くようにしましょう。また、結婚や引っ越しなど、自分の生活に変化があれば、その報告を書き入れてもよいでしょう。特に生活に変化がない場合でも、自身の近況を伝えることもできます。

どんな品物を贈ったか書こう

時候の挨拶と感謝の気持ちを書いたあとは、お歳暮として何を贈ったかを書きます。お歳暮の品を自分が直接贈った場合はあまり心配はいりませんが、お店から直接相手に贈った場合、自分が購入したものと違うものが贈られるトラブルも考えられます。そのようなときに備えて送付状では贈った品物の内容を記しておきます。また生鮮食品など、贈るお歳暮の品によっては、取り扱いに注意を要するものもあります。こういった品物を贈る際には、事前に送付状で一言添えてあげると、贈られた相手も心の準備ができて安心です。

最後に相手の健康を祈る言葉と発送した日や署名を書こう

贈り物の説明のあとは、相手の健康を祈る言葉と、今後の長い付き合いを願う一文で締めくくりましょう。そして、敬具や謹白といった結語を記載し、文末に品物を発送した日付と署名も忘れないようにしてください。署名をするときに、夫婦で贈る場合では連名で記すようにしましょう。

お歳暮を贈る相手がビジネスでお付き合いのある人や目上の人だった場合

お歳暮を贈る相手が、ビジネスでお付き合いのある人や目上の人であれば、礼儀作法を守った丁寧な書き方を心がけるようにしましょう。さらに贈る相手の役職名や肩書は事前に確認をしておき、間違えないようにすることも大切です。

PAGE TOP