ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮のお礼状はどう書けばいい?

お歳暮のお礼状はどう書けばいい?

いただいたお歳暮に対しての、お礼状を書く際には、相手への感謝の気持ちと、確かに品物を受け取ったことをしっかりと記すようにいたしましょう。また、お歳暮を受け取った後には、なるべく早くお礼状を送ることが重要です。

お礼状で書くべき内容と流れ

お礼状には、お歳暮をいただいたことに対するお礼と、お歳暮を確かに受け取ったことがわかる内容を書きます。お歳暮のお礼状は基本的に、拝啓や謹啓などの頭語から書き始めます。そして次に時候の挨拶、お歳暮をいただいたお礼と感謝の言葉、相手の健康を気づかう言葉を書き、敬具や敬白を書いて締めます。文末には日付と差出人の名前を書きます。妻が夫に代わってお礼状を書く場合、夫の名前の下に小さく「内」と添えます。お歳暮をいただいたお礼を書く際には、いただいた品物によって、自分だけではなく家族も喜んでいるということも伝えましょう。また今後のお付き合いをお願いする言葉も書くようにしすると、より丁寧なお礼状になります。

お礼状は手紙がハガキに書いて送ろう

お礼状は、手紙やハガキにお礼の言葉を書いて送ります。手紙で出すとより丁寧な印象を与えることができます。またお礼状として使う手紙の便箋やハガキには、季節にあわせた絵柄のものを選ぶこともおすすめです。

お礼状はなるべく早く書いて送ろう

お礼状には、お礼だけではなく、「品物を無事受け取りました」という意味も込められています。そのためお歳暮を受け取ったら、なるべく早くお礼状を書いて送ることが望ましいです。お礼状を送る期間として、受け取った当日から遅くとも3日以内には送るようにしましょう。お歳暮の時期になったら、いつでもお礼状が書けるように、事前に封筒や便箋、ハガキなどを準備しておくとスムーズに対応できます。

このようにお礼状は、なるべく早く書いて送るのがマナーです。どうしてもお礼状を送るのが遅くなってしまった場合には、必ずお詫びの言葉を添えるようにしましょう。

PAGE TOP