ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

よくある質問(返す側)

お返しにカタログギフトは手抜き?

Q.お祝いのお返しにカタログギフトを贈るのは、手抜きに思われてしまいますか?

A.そのようなことはありません。

カタログギフトとは、贈り先の相手にカタログを送付し自由に品物を選んでもらうギフトです。そのため、贈り先の相手に商品選びや注文を任せきりにしてしまうという印象を持つ方もいるかもしれません。ですが、不要なものや趣味に合わないものを贈ってしまう方が、贈り先の相手に対してかえって失礼にあたることもあります。

自分の経験を振り返ってみて、お祝いでいただいたプレゼントで未だに棚の奥に眠らせているものはありませんか? 自分の好みではない、同じようなものを持っている、すぐに飽きてしまったなど、どれだけいただいたことに対して感謝の気持ちを持っていても必要のないものを無理に使うことはできません。

しかしカタログギフトでは、食品、日用品、装飾品、他にもエステや温泉などを利用することのできる体験チケットなど、多岐に渡るジャンルから商品を選ぶことができます。自分が好きなものを選べば、商品が届くのを心待ちにし、届いた商品により喜びを感じるでしょう。つまりカタログギフトは、相手が好きなものや必要なものを、自由に選んでもらいたいという贈り主の心遣いと真心を込めることのできる贈り物なのです。

ほかにもカタログギフトは、自分のペースで商品を選ぶことができるということや、選んだ商品が希望日に自宅に配送されてくるという利便性があります。相手が本当に欲しい商品を贈れることだけでなく、都合についても配慮できるという、贈り主にとってもその相手にとっても大変嬉しいシステムとなっています。

またお祝いのお返しとしてカタログギフトを贈る場合、幅広いジャンルの商品が掲載されている冊子から商品を選んでもらうこともできますが、中にはひとつのジャンルを専門としたものもあります。例えばグルメ専門、インテリア・キッチン用品専門など相手のことを考え、趣味嗜好に合わせて贈りたいという場合には、このようなジャンルを絞ったカタログギフトを選ぶのもおすすめです。

PAGE TOP