• 利用規約
  • 基本情報の登録
  • ご登録内容の確認
  • 完了

法人外商WEB登録 利用規約

必ず本規約をお読みいただき、同意の上でお進みください。
利用規約に同意するを選んでから「次へ」ボタンをクリックしてください。

第1条 本規約の範囲及び変更 
1.本規約は、株式会社大丸松坂屋百貨店(以下「大丸松坂屋」といいます。)と第2条で定義される「大丸および松坂屋の法人外商WEB利用者」(以下「法人利用者」といいます。)との間における、利用者登録、利用の条件、大丸松坂屋法人外商サービス(以下「本サービス」といいます。)に関する運用ルールその他を定めたものです。 
2.大丸松坂屋は、法人利用者の事前の承認なしに、本条第3項に定める方法により、本規約を変更することがあります。 
3.本規約の変更は、変更内容を各法人利用者に対して通知することにより、または、随時大丸松坂屋ホームページ上にて法人利用者に告知することにより行うものとします。本規約の変更に同意されない法人利用者は、本規約第13条に従い利用の中止ができます。上記通知又は告知後に本サービスの利用を継続される場合には、法人利用者はかかる変更に同意されたものとみなされます。 
第2条 法人利用者の定義 
法人利用者とは、大丸松坂屋との間で売掛口座を開設しすでに売掛取引(以下「売掛販売」といいます。)を行っている法人が、本規約に同意した上で法人外商WEB登録ページの手続きに従って申込みを完了し、大丸松坂屋が利用を承認した法人のことをいいます。
第3条 利用及び利用者の範囲 
1.法人利用者は、本サービスのオンラインショッピングについては、法人としての商品購買用途に利用するものとし、個人の私用目的に利用しないものとします。 
2.法人利用者は、前項の規定にかかわらず法人利用者が本サービスを私用目的で利用し大丸松坂屋から商品を購買した場合、大丸松坂屋に対する商品代金の支払義務が法人利用者にあることを、承認するものとします。 
第4条 ID、パスワードの管理 
1.法人利用者は、IDおよびパスワードの管理およびその不正使用により法人利用者またはその他の第三者に対して生じた債務および損害に関して、一切の責任を負うものとします。 
2.法人利用者は、端末より、法人利用者パスワードを用いて、利用パスワードを任意に変更できるものとします。 
3.法人利用者は、ID、パスワードの譲渡、名義変更、売買等の行為をすることはできません。 
4.法人利用者は、下記のいずれかの事由が生じた場合又はその虞があることを知った場合には、その旨を直ちに大丸松坂屋に通知し、大丸松坂屋より特段の指示がある場合には、その指示に従って適切な措置を講じなければならないものとします。 
(1)パスワードが記録されたコンピュータを盗まれ、又は紛失した場合 
(2)ID及びパスワードが第三者に不正に取得された場合、又は不正に使用された場合
第5条 利用者情報の利用・提供・管理
1.法人利用者の情報の管理は、大丸松坂屋お得意様営業部業務推進担当(以下「業務推進担当」といいます。)が行います。 
2.法人利用者は、登録の際に申告した情報に変更が生じた場合、所定の手続きに従って業務推進担当へ変更内容の通知を行うものとします。 
3.監督官庁その他公的機関等から、その権限または法令に基づき、法人利用者の購買履歴等、法人利用者の情報の開示要請があった場合は、大丸松坂屋は、法人利用者の承諾なしに当該官庁に情報開示することができるものとします。 
4.法人利用者は、法人利用者に当社又はJ.フロント リテイリング株式会社のグループ会社等から、営業のご案内を電子メールなどで送付することに、予め同意するものとします。 
5.法人利用者の情報を集計・分析し、法人利用者を識別できない程度に加工した統計データを作成および利用する場合があります。 
第6条 WEBショッピングの成立 
法人利用者と大丸松坂屋の間での売買契約の成立は、法人利用者のもとに、大丸松坂屋からの電子メールなどの方法による受注確認のお知らせが到達した時点とします。但し、上記確認方法による確認がなされたとしても、大丸松坂屋が、売買契約の成立に問題があると判断した場合には、その旨を法人利用者に通知することにより、注文をお断りする場合があります。
第7条 代金の決済方法 
1.本サービスの下で成立した売買の決済方法については、本規約によらず、大丸松坂屋と法人利用者との間で従来から行われている決済方法を用いるものとします。
2.大丸松坂屋が法人利用者に対し請求書を発行する場合、売掛販売の請求先を宛先とします。 
第8条 法人利用者の禁止事項 
大丸松坂屋は、法人利用者が本サービスを利用するに当たり、法人利用者の次の行為を禁止します。 
(1)公序良俗に反する行為 
(2)法令に違反する行為 
(3)犯罪に結びつく行為 
(4)大丸松坂屋、他の法人利用者および第三者の著作権その他知的財産権を侵害する行為 
(5)大丸松坂屋、他の法人利用者および第三者に不利益を与える行為 
(6)大丸松坂屋、他の法人利用者および第三者の財産、プライバシーを侵害する行為 
(7)大丸松坂屋、他の法人利用者および第三者を誹謗、中傷しその他名誉を毀損する行為 
(8)選挙運動もしくはこれに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為 
(9)他の法人利用者の利用を妨げる行為 
(10)大丸松坂屋ホームページの運営を妨害する行為(情報の改ざん、ウィルス等の入力・送信等 
(11)大丸松坂屋が認めていない営利目的の行為 
(12)その他、大丸松坂屋が不適当と判断する行為 
第9条 本サービスの中断・停止および内容の変更等 
1.大丸松坂屋は、法人利用者に対し本サービスを継続して提供するものですが、以下の場合には、法人利用者への事前の通知なく、本サービスの全部または一部の一時的な中断と停止を行います。 
(1)大丸松坂屋の本サービス用設備の保守点検が必要なとき 
(2)第一種(電話会社等)および第二種電気通信事業者(プロバイダー)の役務が提供されないとき 
(3)火災、停電等により、本サービス提供ができないとき 
(4)天災地変(地震・洪水・津波等)により本サービスの提供ができないとき 
(5)人為的災害(戦争・暴動・騒乱等)により本サービスの提供ができないとき 
(6)その他、大丸松坂屋が必要と判断したとき 
2.大丸松坂屋は、提供する本サービスの内容の全部または一部について、法人利用者の承認を受けることなく、変更、追加または削除を行うことができるものとします。
3.本条第1項に掲げる事態が発生し、法人利用者に不利益、損害が生じた場合においても、大丸松坂屋は、法人利用者に対し、その責任を負わないものとします。
第10条 著作権等の帰属 
大丸松坂屋ホームページの画面に掲載する情報、デザイン等に関する著作権、商標権、肖像権その他の人格的又は財産的な権利は、すべて大丸松坂屋またはその他の著作権者等正当な権利者に帰属するものとします。
第11条 法人利用者の責任 
1.法人利用者は、大丸松坂屋が提供する本サービスを利用することによって、第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって解決し、大丸松坂屋に損害を与えないものとします。 
2.法人利用者は、不正または不当な手段・方法により大丸に損害を与えた場合、大丸松坂屋に対し損害賠償の責任を負うこととなります。 
第12条 利用資格の停止および資格の抹消 
1.大丸松坂屋は、法人利用者が次の項目のいずれかに該当した場合、法人利用者への事前の承諾なしに、利用資格の停止または利用資格の抹消を行うことができるものとします。 
(1)ID・パスワードを不正使用したとき 
(2)大丸松坂屋への申請・届出内容に虚偽があったとき 
(3)大丸松坂屋ホームページの情報を改ざん・不正利用し、その他運営を故意に妨害したとき 
(4)大丸松坂屋と法人利用者との売掛口座が解約されたとき 
(5)法人利用者の大丸松坂屋に対する売買代金支払い義務に不履行があった場合 
(6)本規約に違反したとき 
(7)その他、大丸松坂屋が必要であると判断したとき 
第13条 法人利用の中止 
1.法人利用者は、随時本サービスの利用を中止できるものとします。 
2.法人利用者は、利用中止を希望する場合は、所定の手続きに従って大丸松坂屋に届けるものとします。 
3.法人利用者が利用中止をした場合においても、未決済の代金の支払義務は存続するものとします。また、第12条により利用資格が停止または抹消された場合においても同様とします。 
第14条 営業の停止 
大丸松坂屋は法人利用者の承諾なしに、法人利用者に対して通知することにより、または、大丸松坂屋ホームページにその旨告知することにより、本サービスの提供を含む大丸松坂屋ホームページでの営業の全部または一部を中止することができるものとします。
第15条 紛争条項等 
本条項について疑義が生じたとき、または定めのない事項について法人利用者と大丸松坂屋の間で問題が生じた場合には、法人利用者と大丸で誠意をもって協議のうえ解決するものとします。
第16条 合意管轄裁判所 
法人利用者と大丸松坂屋との間で本規約について訴訟の必要が生じた場合、大丸松坂屋の本店所在地を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を合意管轄裁判所とします。
第17条 準拠法 
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
以上
本規約は平成24年3月14日から適用されます。
利用規約に同意する 利用規約に同意しない

前のページに戻る

ページのトップへ