ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

ラッピングも贈り物の一部

ラッピングにはこだわるべき?

ラッピングにこだわると、相手の方に喜んでいただけます。ただしバレンタインのラッピングは、先方を基準に考えましょう。本命チョコ、義理チョコ、友チョコそれぞれのラッピングについてご紹介します。

本命チョコのラッピング

本命チョコのラッピングですが、職場や学校で渡すのであればあまり派手すぎない落ち着いたものを選びましょう。可能なら相手の方が好きな色やデザインをラッピングに取り入れると良いでしょう。手作りのお菓子を贈る場合は、お菓子の油が包装紙に染みてしまったり、中身がこぼれたりすることのないように、慎重に包むようにしてください。加えてペーパーバッグを用意すると持ち帰りしやすくなります。

義理チョコのラッピング

義理チョコのラッピングは、簡単に包装できるものが良いでしょう。義理チョコの場合、学校や職場などで複数人に贈ることがあるからです。一つひとつをシンプルに包装することによって、プレゼントを贈る側が準備しやすくなりますのでおすすめです。また詰め合わせのお菓子を小分けにして贈るのであれば、バラバラのままではなく、おひとり分をきれいにラッピングすると見栄えが良くなります。ちょっとした気遣いをすることで、より相手の方に喜んで頂ける贈り物になるでしょう。

友チョコのラッピング

気心の知れたご友人に贈る友チョコであれば、自身の趣味を取り入れてラッピングすると楽しいでしょう。バレンタインデーの期間は、一年でも多くの種類の包装用品が店頭に並ぶ時期です。店頭だけでなく、パソコンから無料でダウンロードできる包装紙やカードなどもありますので、贈る相手に合わせて様々な包装を試してみてください。

ここまでラッピングについてご紹介しましたが、難しく考えすぎる必要はありません。市販品であれば店舗で包装してもらえますので、迷う場合は任せてしまうのもひとつの方法です。

PAGE TOP