ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • 西日本を中心とした大雨の影響により、お荷物のお届けに遅延が生じております。「お届け日指定」「お届け時間帯指定」についてお届けできない場合がございます。   お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申しあげます。

料理の隠し味としてのチョコレート

チョコレートは、様々な料理の隠し味になる食材です。チョコレートを隠し味として使える料理には、カレーやミートソースパスタ、デミグラスソース、煮込み料理などが挙げられます。

カレーの隠し味にチョコレートをチョイ足し

カレーの隠し味として、チョコレートをチョイ足しするのがおすすめです。カレーの隠し味として、ビターチョコを入れると、味がまろやかになりコクが増します。また辛いものが苦手な子供向けには、ミルクチョコレートを加えて、よりマイルドなカレーに仕上げてみてはいかがでしょうか。

ミートソースやデミグラスソースの隠し味にチョコレートをチョイ足し

パスタに合わせるミートソースや、ハンバーグにかけるデミグラスソースに、隠し味としてチョコレートを加えるのもおすすめです。砕いたチョコを少しずつ入れて、好みの味になるよう調整してください。ソースに甘みとコクがプラスされ、いつもとは一味違った料理に仕上がります。

煮込み料理の隠し味にチョコレートをチョイ足し

チョコレートは、煮込み料理の隠し味としても最適です。代表的なものとして、ビーフシチューやボルシチといった洋風の煮込み料理が挙げられます。また和食であるサバの味噌煮も、チョコレートとの相性がいいとされています。サバの味噌煮にチョコレートを使うときは、砂糖の代わりに用い、味噌とよく混ぜ合わせましょう。

好みや料理に合わせてチョコレートを使い分けよう

チョコレートには、ビターチョコやミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、カカオ成分が高いチョコレートなど、様々な種類があります。種類によって、甘みや苦味、コクなど、味わいは異なります。これらの特徴が料理にはまることで、いいアクセントになるのです。料理や食材によってチョコレートを使い分け、アレンジ料理を楽しんでみてください。

チョコレートを隠し味として使うときに注意したいのが、隠し味はあくまで隠し味ということです。チョコレートは砕いたものを少しずつ使い、食材が引き立つベストな分量を探しましょう。

PAGE TOP