ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya
<お知らせ>
  • ※誠に勝手ながら弊社決算棚卸の為、商品によりましてはお届けまでの日数が通常(平均4日~10日)より長くかかる場合がございます。
    また、8月8日(土)~20日(木)まで、商品のお届け日のご指定を中止させて頂きます。 あしからずご了承くださいませ。

お歳暮を贈る時期は関東と関西では違う?
マナーや人気のギフトも紹介

お歳暮を贈る時期は関東と関西では違う?マナーや人気のギフトも紹介

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?実は関東と関西では違うんです。そこで、地域に合った正しい時期と、贈る際のマナーや贈ってはいけない品物などをわかりやすく解説。さらに、ギフトの選び方のコツや「もらって嬉しい」人気商品もご紹介します。

お歳暮の起源は?お中元との違いは?

お歳暮は、日頃お世話になっている方々への、1年の最後を締めくくるご挨拶。感謝の気持ちが込められた贈り物です。
お中元の由来は中国にあるといわれていますが、お歳暮のルーツは日本にあり、その起源には諸説あります。
ひとつは、季節の変わり目に行われていた、日本で最も古い祭りといわれる「御霊祭(みたままつり)」。感謝の気持ちを込めた祖先へのお供え物(塩鮭や数の子など)を、年末までに本家へ持ち帰っていたのが、お歳暮の起源だとされています。
また、江戸時代には、盆と暮れの時期に、長屋の大家さんや取引先に「お世話になっています。これからもよろしくお願いします」と、店子や商人が贈り物を持参したのが始まりともいわれています。
お中元とお歳暮は両方贈らなくても、マナー違反にはなりませんが、どちらか片方を贈るなら、1年間の締めくくりとなるお歳暮だけでもよいでしょう。
昔はお世話になった人や会社の上司、取引先などに贈るものでしたが、最近では親しい友人や知人、親族などにも贈るケースが増えています。

お歳暮を贈る時期はいつ?地域によって異なる?

お歳暮はお世話になっている人への感謝の気持ちと、1年の締めくくりとなる挨拶の意味を込めたギフト。相手に気持ちよく受け取ってもらうために、あらかじめ正しい時期を確認して贈ることも、大切なマナーです。
昔は、新年を迎える準備を始める「すす払い」にあたる12月13日から20日までの間に贈るのものとされていました。しかし、だんだんとそのような習慣もすたれつつあり、少しずつ時期が前倒しになる傾向があります。最近では、11月下旬に届くように手配する人も増えているようです。
また、若干ではありますが、地域によってお歳暮を贈る時期には違いがあります。贈る相手が関東地方なら11月末から12月31日まで。関西地方なら、12月初旬から12月31日までというのが一般的です。
しかし、年末はどこのご家庭もお正月の準備に忙しいものです。毎年、夫婦どちらかの実家、温泉や海外で年越しする方々も多いでしょう。そういう事情を考えると、あまり年末ぎりぎりにお歳暮を贈ることは、相手の迷惑になりかねません。できれば、遅くても12月20日までに先方に届くようにするのがよいとされています。最近ではデパートやお店などでも、お歳暮の受付を11月から開始するケースが増えています。時期が早ければ売場での混雑もなく、お店によっては「早割」などの特典を設けているところもあるようです。
ただし、お歳暮としてお正月用の生鮮食料品を贈る場合は別です。家族みんなで楽しめる蟹や数の子、肉や鍋のセット、ハム・ソーセージなどの食品も喜ばれるでしょう。このような食料品は、日持ちがしないので、賞味期限を考慮して、むしろ年末ぎりぎりに届くほうがベターです。その場合には、正月準備の忙しい時期に届くことへのおわびと、「中身が日持ちしない生鮮食料品なので早めに召しあがってください」ということを、贈る相手に電話や手紙などで事前に知らせておくのが正しいマナーといえます。

お歳暮の正しいマナーとタブーは?

お歳暮の正しいマナーとタブーは?

お歳暮を送るときのマナーや挨拶状は?

お歳暮を贈る準備は、早めに進めましょう。時間に余裕があれば、相手に合わせて何を贈るかじっくり選ぶことができます。最近では、お歳暮の受付を11月から開始するデパートやお店も増えています。
本来、お歳暮は先方のお宅に持参するのが正式な贈り方ですが、最近では宅配便で送るほうが一般的になっています。とはいえ、年末の忙しい時期に届くのは、迷惑になりかねません。地域別の時期に合わせて送るのがマナーです。宅配便などで送る際には、身内や友人には電話でその旨を伝えても大丈夫ですが、上司やお世話になっている方には挨拶状を同封するか、届く頃に手紙か葉書で別途挨拶状を送るのが礼儀となります。

喪中の相手に贈っていい?「のし紙」のデザインにも注意

お歳暮には、紅白の5本または7本の花結び(蝶結び)に熨斗がついたデザインの「のし紙」を用います。表書きは水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、水引中央結び目の下に献辞よりやや小さく名前書きをフルネームで記入します。
お歳暮は喪中の相手にも贈ることができます。ただし、紅白の熨斗ではなく、白無地の奉書紙で包みましょう。表書きは「御歳暮」で大丈夫です。忌中(仏教では忌明け法要前、神道では忌明け祭前)の場合や、どうしても気になる場合は、先方に事前にお断りを入れた上で、時期をずらして「寒中見舞い」の形で贈るのもいいでしょう。
また、議員や政治家、公立学校の職員、公務員などは、「収賄」と見なされてしまう可能性もあるので、お歳暮やお中元を受け取れない場合がほとんどです。そういう立場の方には、事前に確認することをお勧めします。

お歳暮に贈ってはいけない品物とは?

贈る品にもタブーがあることを覚えておきましょう。
最近では商品券やギフト券も人気ですが、上司や目上の方に贈るのは失礼にあたります。
「縁を切る」ことをイメージさせる刃物類もタブー。筆記用具なども鋭利なものと捉えられる場合もあるので、お歳暮・お中元では避けたほうが無難です。同じように、ハンカチも古くは「手巾」と書き「手切れ」と読めるので、贈り物には向いていないとされています。
また、靴やスリッパ、靴下なども「踏みつける」という意味合いが込められるので、相手に対して失礼にあたります。
さらに、食品を贈る場合は、相手の健康状態や好みもしっかり配慮して選びましょう。例えば、病気のために好きなお酒をやめた方にお酒を贈るのは避けたいものです。
1年の感謝を伝えるお歳暮。なにより相手を思いやり、喜んでいただけるものを贈ることが大切です。

お歳暮を贈るのが遅れたらどうする?

お歳暮は地域に合った時期にお届けするのがマナーとして好ましいですが、師走で忙しく発送の手配が万が一遅れてしまったり、うっかり贈るのを忘れてしまうこともあるかもしれません。
そんな場合でも、表書きを「御歳暮」から「御年賀」に変えれば、一年の感謝を込めたギフトとして贈ることは可能です。年内に届かない場合は、関東地方なら1月7日(松の内)までに、関西地方なら1月15日までには届くようにしましょう。さらに、この時期よりも遅くなってしまった場合は、2月4日の立春までに「寒中見舞い」として贈れば失礼にはあたりません。
その場合は、お歳暮として贈れなかったおわびと、年明けいつ頃に届くということを、相手に手紙か電話であらかじめ伝えておくことが礼儀です。
もちろん、11月ごろから贈る相手をリストアップしておいたり、早めに品選びや手配を進めるなど、時期に遅れたり、忘れたりすることがないよう、前もって準備しておくことを心がけましょう。

お歳暮の選び方は?人気商品も紹介!

お歳暮の選び方は?人気商品も紹介!

まず、気をつけたいのが、価格です。いくら感謝の気持ちを伝えたくても、あまりに高価なものは、かえって相手に気を遣わせてしまいます。お歳暮の価格は3,000~5,000円ぐらいが適切でしょう。
さらに、「あげたいもの」を贈るのではなく、先方の好みや年齢、家族構成や季節なども十分考えて、相手に「喜んでいただけるもの」を贈るのがベストです。
まずは、贈る相手をリストアップ。上司や取引先、両親や親せき、友人や習い事の先生など、相手に合わせて品を選んでいきましょう。
毎年、人気なのはハム・ソーセージなどの食品やクッキーなどのお菓子。お子さんや年配の方がいるご家庭でも、家族みんなで食べられるのがポイントです。その他、「ご当地グルメ」や、お正月にぴったりの蟹や鍋のセット、ビールなどもお勧めです。なにを贈ればいいか迷ってしまった場合は、比較的長持ちする調味料や乾物などが無難。好き嫌いが分かれる珍味や長期保存に向かないものは避けたほうがよいでしょう。
お歳暮は、「この一年、お世話になりました。今後ともよろしくお願いします」という思いを伝える大切なギフト。相手に心から喜んでもらえるものを選ぶことに、大きな意味があるのです。

PAGE TOP