ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お歳暮のお礼状文例集
個人やビジネスなど相手別のマナーや書き方

お歳暮のお礼状文例集個人やビジネスなど相手別のマナーや書き方

お歳暮のお礼状はどう書いたらいい?正式な書き方には、お礼の言葉や感謝の気持ちはもちろん、頭語・結語、時候の挨拶なども必要になります。そこで、個人や親戚、ビジネスの相手などへお礼状を書く時に、そのまま使える文例集やマナーをご紹介します!

お礼状を出すタイミングやマナーは?

お歳暮をいただいたら、できるだけ早くお礼状を書きましょう。贈った側は「きちんと届いたかな?」「喜んでいただけたかな?」など気にしているものです。贈っていただいたお礼と、その心遣いへの感謝の気持ちを伝えることが大切です。
お歳暮が届いてから、できるだけすぐに送るのがベストです。郵送の場合は、相手に届くまでに時間がかかるので、遅くても2、3日以内に出すのが基本。もし、それ以上遅れてしまった場合には、一言お詫びを添えて送るのがマナーです。正月が近いからといって、「年賀状に一言付け加えておけばいいだろう」という発想は失礼にあたりますので、気をつけましょう。
正式なお礼状は、「手書きで縦書き」のものといわれています。お世話になった方や上司などには、封書で送りましょう。親戚や友人など親しい関係であれば、はがきでも構いません。季節のイラスト入りのものも風情が感じられます。よほど気が知れた仲であれば、メールでのお礼状でも構わないでしょう。
お歳暮は、感謝の気持ちを贈る季節の挨拶なので、受け取った側からお返しをする必要はありませんが、もらってばかりでかえって気にかかる場合は、いただいた品と同等程度のお返しをするのもよいでしょう。

お礼状に書くべき内容は?

お礼状には、「お歳暮を確かに受け取ったこと」と「お礼の気持ち」がしっかり伝わる内容を書きましょう。
大まかな流れは次の通りです。

(1)頭語

お礼状は、「拝啓」や「謹啓」などの頭語から書き始めます。これらは、相手に対する敬意を示すもので、締めくくりに使う結語とセットになっています。組み合わせに注意して使いましょう。

(2)時候の挨拶

次に、季節に合わせた時候の挨拶を書きます。12月であれば「寒気いよいよ厳しく」「年の瀬もいよいよ押し詰まり」などが適しています。

(3)お礼の言葉

お礼状で一番重要な、お歳暮へのお礼と感謝の気持ちを相手に伝えましょう。本人だけでなく家族も喜んでいるなどの言葉を添えるのもオススメです。

(4)先方の健康を気遣う言葉

お歳暮の時期は、寒い季節で年末年始に向けて忙しくなる頃でもあるので、相手の健康への気配りも忘れずに伝えましょう。

(5)結びの言葉

頭語に合わせて、「敬具」「敬白」などの言葉で締めくくります。
文末には、日付と差出人の名前を記します。

これらの流れが基本ですが、あまり堅苦しくなりすぎず、失礼にならない程度で、自分なりの表現を取り入れて相手に思いを伝えると、心のこもったお礼状になります。

お礼状文例集
ビジネスや個人など相手に合わせた書き方は?

ビジネスの相手・取引先などへのお礼状

ビジネスの相手・取引先などへのお礼状

ビジネスの相手・取引先への封書やはがきの文例

ビジネス関連でのお礼状は、個人宛よりすこし堅いぐらいの表現が無難です。書き出しも「師走の候、貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」などの定型句で始め、文末には「貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます」などの文章で締めくくれば間違いありません。
取引先などへは丁寧な印象を与えるために、基本的には「縦書き」で送るのがマナーになります。

文例(1)

拝啓

師走の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。

さて、このたびはまことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。このようなお心遣いをいただき恐縮に存じます。
日ごろは、私どもが大変お世話になっておりますのに身に余るお気遣い、大変うれしく思います。社員一同でありがたく頂戴いたしました。

年末余日少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈りいたします。
取り急ぎお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具

12月〇〇日

〇〇〇〇株式会社
代表取締役 〇〇〇〇

文例(2)

拝啓

師走の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびはお心尽くしのお歳暮の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。この一年、弊社のほうこそ大変お世話になりましたのに、このようなお気遣いを賜り、恐縮に存じ、心から御礼申し上げます。

寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
まずは取り急ぎ書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

〇〇年12月

〇〇〇〇株式会社
代表取締役 〇〇〇〇

ビジネスの相手・取引先へのメールの文例

また、ビジネスの関係であっても、相手が親しい取引先であったり、いち早くお礼を伝える必要がある時は、メールでお礼状を送ることもあるでしょう。
その場合は、宛名はメールの冒頭・左上に「相手の会社名・肩書 氏名+様」と記します。「社長様」など、役職に敬称をつけるのは、誤った表現です。さらにメールの件名は、一目でお歳暮のお礼だとわかるように表記しましょう。

文例(3)メールの場合

件名:お歳暮の品ありがとうございました

〇〇株式会社 〇〇部
山田太郎 様

いつもお世話になっております。
〇〇〇〇の鈴木です。

このたびは、結構なお品をお送りいただき、ありがとうございました。
日ごろから、私どもの方こそお世話になっておりますのに、
このようなお心遣いをいただき、誠に恐縮です。
厚くお礼申しあげます。

今後も山田様のご期待にお応えできるよう、
真摯に仕事に取り組んで参ります。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

12月も半ばになりまして、寒さもいよいよ本番でございます。
皆様どうぞご自愛くださいませ。

まずは、略儀ながらメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

会社の部下へのお礼状の文例

また、部下からお歳暮をいただいた場合は、あまり形式にとらわれずシンプルな文面で構いません。お礼の気持ちに激励の言葉などを添えると、親しみがこもったお礼状になるでしょう。

文例(4)

拝啓

今年もいよいよ押し迫り、慌ただしい季節になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、このたびは、結構なお品をいただきまして、ありがとうございました。明太子は我が家全員が大好物で、さっそくおいしくいただきました。

来年度は、新商品のさらなる拡販のために、お互いに頑張っていきましょう。

年末年始と、何かとお忙しいとは思いますが、どうぞお体に気を付けてお過ごしください。
とりあえず、書中にてお礼申し上げます。

敬具

お世話になった方、親戚や友人など個人へのお礼状の書き方

個人宛の場合でも、お世話になった方や目上の方には「縦書きで封書」が基本です。
その場合の文例はビジネスとほぼ変わらない内容で大丈夫です。
ここでは、さらに親しい間柄の相手への文例をご紹介します。

親戚や親しい友人・知人へのお礼状の文例

文例(5)

寒さがひとしお身にしみる季節となりましたが、皆様、おすこやかにお過ごしのことと存じます。

さて、この度は大変結構なお歳暮の品をお送りいただきまして、本当にありがとうございました。プリンは家族全員の大好物。みんなでおいしくいただきました。

寒さもいっそう厳しくなりそうですので、どうかご自愛いただき、よいお年をお迎えになりますようお祈りいたします。

〇〇年12月
大島義雄

自分が仲人を務めた新郎新婦への文例

文例(6)

拝啓

年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

この度は大変結構なお品を頂き誠に有難うございました。常日頃から貴家のご両親様には特別お世話になっております上に、お二人からのお心遣いに本当に感謝しております。

先日も、貴家の親子関係の素晴らしさを妻の◯◯と話しておりました。皆様御一家とのおつき合いは私どもの悦びでございます。

ご好意は大変有難く存じますが、今後はあまりお気遣いになりませんようお願いいたします。

今年は寒さが厳しく、くれぐれもお体をご自愛下さい。略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

敬具

妻がお礼状を代筆する場合のお礼状の文例

夫宛てのお歳暮のお礼状を、妻が代わって書いても失礼にはあたりません。その場合は、夫の名前の下(縦書きの場合は左)に小さく「内」と添えます。

文例(7)

拝啓

年の瀬を迎えますが、〇〇様にはお変わりなくますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

このたびは結構なお品をいただき、誠にありがとうございます。
主人も私もお酒が大好きですので、夫婦2人でゆっくり晩酌を楽しませていただいております。

こちらの方こそお世話になっておりますのに、いつも温かいお心遣いをいただき、心より御礼申し上げます。

これよりますます寒さも厳しくなります。
どうか、ご自愛されて良いお年をお迎えください。

敬具

佐藤雄太

お歳暮をお断りする場合のお礼状の書き方

最近では、お歳暮の習慣を断る企業も増えてきました。やむをえず先方から送られてきた品を受け取ることができない場合は、こちらの事情を誠意をもってきちんとお伝えしましょう。

文例(8)お歳暮の品を返送する場合

拝啓

初冬の候、ご繁忙な日々をお過ごしのことと拝察申し上げます。
平素は格別のご懇情を賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。

さて、この度はお歳暮の品をいただきまして、誠に恐縮でございます。
ご厚意は大変ありがたく存じますが、弊社では取引先様からの贈答を辞退させていただいております。受け取ることができず、大変申し訳ございません。
何卒御理解の上、ご了承賜りたくお願い申し上げます。

誠に失礼とは存じますが、お気持ちだけ頂き、お贈りいただいた品は別便にてご返送させていただきました。

略儀ながら書中にて御礼ならびにお詫びを申し上げます。
厳冬に向かいます折からお体をご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

敬具

文例(9)次回以降のお歳暮をお断りする場合

拝啓

師走に入り、慌ただしくなってきましたが、ますますご壮健のことと存じます。

この度は、ご丁寧にもお歳暮を頂戴しまして有り難く存じます。 いつも何かとお心にかけていただきまして感謝申し上げます。

ご厚意は大変うれしく思いますが、今後はどうかこのようなお気遣いなさらないようにお願い申し上げます。
温かなお心遣いに対し、堅苦しいことを申しますようで誠に心苦しい限りではございますが、今後も末永くお付き合いのほど、お願い申し上げます。
まずは略儀ながら、取り急ぎ、書面をもって、お礼とお詫び申し上げます。
寒さもいっそう厳しくなる折から、皆様のご健勝と、明年におけるご多幸をお祈り申し上げます。

敬具

PAGE TOP