ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

2021年お中元は終了しました。

  • 秋冬ギフト[内祝い・お祝い・お礼・ご挨拶]/内祝い・お祝い・お返しなどさまざまな気持ちを伝える贈り物。/ギフトTOPへ
  • 優待ギフト 表示税込価格から15%OFF※一部商品は20%OFF 承り期間: 9月29日(水)午前10時まで 人気のスイーツやビールが優待価格で!/優待ギフトTOPへ

お中元のまめ知識

お中元とは?

お中元とは、7月の初めから15日くらいの時期に、お世話になった人に贈り物をする習慣のことです。もともとは中国の行事で、1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」として行っていた祭のうち、中元だけが日本のお盆と結びついて残ったものです。現在のような習慣として定着したのは江戸時代といわれ、日ごろの感謝を込めて贈る「夏のご挨拶」となりました。
中元(ちゅうげん)は道教に由来する年中行事で、三元(1月15日「上元」、7月15日「中元」、10月15日「下元」)の1つ。本来は旧暦7月15日のことですが、日本では新暦7月15日または8月15日とされ、この時期に日ごろお世話になった人々に感謝の気持ちを込めて贈り物をしました。この習慣を特にお中元とも呼ぶようになりました。

お中元の時期と相場

東日本では7月の初めから15日まで、西日本では1ヵ月遅れの8月初めから15日までとされていますが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日の中元を「月遅れ」と呼びます。最近は地方に関わらず、7月の中ごろまでに贈るのが一般的になりつつあります。一般的に3,000円~5,000円台程度が相場で、どのくらいの金額のものを贈るかはお世話になっている度合いで決めます。あまり高額なものを贈って相手が負担に感じることのないように、大事なのは感謝の気持ちです。

お中元とお歳暮の違い

お中元は夏の暑い盛りに、日頃からお世話になっている方々に感謝の気持ちと、健康を願う気持ち表すために行われてきた、日本に古くから伝わる風習です。同じような意味合いでお歳暮という風習もありますが、基本的にその目的は同じで、これといって特別な違いはありません。
お中元の場合は、一年の真ん中で贈り物をお届けし、日頃の感謝の気持ちと健康を願う気持ちを伝えます。お歳暮の場合は、一年の最後を締めくくるご挨拶という意味合いが強くなるようです。そのため、お中元よりもお歳暮のほうが、より高額な商品が選ばれたり、より多くの先様にお届けしたりする場合が多いようです。
お中元もお歳暮も、半年に一度の大切なご挨拶の機会です。せっかく贈り物をするのですから、その時期はきちんと守るようにしたいものです。いわゆる「お中元シーズン」とされるのは、6月初旬からお盆までの約2ヶ月間です。地域によって時期に差がありますが、一般的には7月初旬から8月初旬までとなります。
お中元は暑い夏の贈り物ですので、清涼感を味わっていただけるビールや冷菓、スタミナをつけたり、体調を整えたりすることにも役立つ、お肉やフルーツなどを贈る方が多くなっています。お歳暮は寒い冬に、暖かいご家庭でゆっくり味わっていただける、日本酒やワインといった酒類、ハムなどの加工食品や鍋料理の具材などが好まれます。

お中元もっと知りたい!まめまめ知識

お中元の由来

お世話になった方へ気持ちを正しく伝えるのに、まず由来を知っておきましょう。

お中元のマナー

商品選びについては、先様の好みや家族構成にも配慮して商品を選ぶようにしましょう。

お中元の商品選び

どのような贈り物を選べばいいのかお悩みの方は、こちらもご覧ください。

お中元を贈ったら?
贈られたら?

感謝の気持ちをあらわし、長いお付き合いになる方には、毎年贈ることになります。

お中元人気ランキング

人気商品をランキング形式にてご紹介いたします。

お中元Q&A

よくあるご質問についてQ&Aの形式にてお答えいたします。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は、地域によって異なります。

お中元のお礼状マナー

お礼状の正しい書き方、出すタイミング、相手別の文例をご紹介します。

PAGE TOP