ようこそ いらっしゃいませ

店舗情報

  • DAIMARU
  • Matsuzakaya

お中元のお礼状はいつ出す?書き方は?
マナーと相手別の文例を紹介

受け取ったお知らせとお礼を伝えましょう

受け取ったお知らせとお礼を伝えましょう

お中元を贈る側にも、時期やマナーなどいろいろと気をつかうことがあります。しかし、受け取った側も「お返しはしたほうがいい?」「お礼状はいつ、どんな内容で送るべき?」など、どのように対応すればよいか悩ましいこともあるでしょう。
お中元は、お世話になった方々や取引先に贈る、季節のご挨拶です。日頃の感謝と、「これからもかわらぬお付き合いを」という気持ちが込められた贈り物ですから、ありがたく受け取り、一般的にはお返しは必要ありません。ただ、最近では親戚や友人、ご近所など親しい間柄であれば、お返しを贈る人も増えているようです。どちらにしても、受け取ったら、まずお礼状を送るのが礼儀です。このお礼状には、「品物が無事届きました」ということを知らせ、相手の気遣いにお礼を伝える役割があります。
目上の方や取引先の方宛てなら特に、お礼状を送るタイミングやマナーなどもきちんと押さえておきたいものです。下記に相手別の文例をご紹介していますから参考にしてください。でも、一番大切なのは「ありがとう」という素直な気持ちを込めること。円滑な人間関係を保つためにも、失礼のないお礼状の送り方を知っておきましょう。

お礼状、お返しの正しいマナー

お礼状、お返しの正しいマナー

お礼状を送るタイミングは?

お中元が届いたら、できるだけ速やかに、遅くとも2~3日以内に投函するのが好ましいです。贈ったほうも「無事に届いているか」と心配しているかもしれませんから、「確かにいただきました」という報告とお礼の気持ちをいち早く伝えるのが礼儀です。なるべく早く送ることを心がけましょう。
しかし、なんらかの理由でお礼状を送るタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。そんなときは、書面に「先日は」「このたびは」など近い過去を表す言葉は書かない方が無難です。そして、主文に、お礼状が遅れたことに対してのお詫びの言葉を添えましょう。

例文/「日々の忙しさにとり紛れ、お礼が遅くなってしまったことを心からお詫び申し上げます」「本来なら早急にお礼を申し上げるべきところを、遅くなりまして大変申し訳ございません」など。

お礼状の手段はどれが良い?

ごく親しい間柄(親、兄弟、親戚、友人、部下など)であれば、電話やメールで「ありがとう」の気持ちを伝えても失礼にはなりません。「届いたかどうか」を心配する人もいるので、すぐに伝えられるメリットもあります。しかし、電話やメールはあくまでも略式だと考えてください。電話の場合は相手が留守にしているなど、タイミングが合わないこともあるので、基本的にはお礼状を郵便で出すのがマナーです。
封書のお礼状が最も丁寧だとされていますが、最近では季節のイラストなどが描かれたはがきで出す人も増えています。文章の長さによって、どちらにするかを選びましょう。ただし、目上の方にはできるだけ封書で送るほうが無難です。

お返しの品は必要?

「お中元をもらったらお返しするのがマナー」と誤解している人もいますが、一般的にお中元のお返しは必要ありません。とはいえ、お返しをしてもマナー違反になるわけでもありません。
もし、お付き合いの程度に応じて、お返しの品を贈る場合にも、まずは先にお中元に対するお礼状を送りましょう。その文面に「別便にて、心ばかりの品をお送りいたしました」と記し、一週間遅らせて贈るのがスマートだとされています。

お返しを贈るときの「のし」は?

「お中元」としていただいたら、「お中元」とお返しするのがベストです。「御礼」とすると、相手が部下など目下の場合に「一度きりお返しする」という意味に受け取られかねません。逆に、今年だけお返しをしたい場合は「御礼」でもいいでしょう。
また、お中元をいただいてから少し時期をずらして贈る場合は、「暑中御見舞」「残暑御見舞」などとしてはいかがでしょうか?その場合は、相手の地域のお中元の時期を確認しましょう。

お返しはなにを贈るべき?

あまりにも高額なものを返してしまうと「次からはお中元を贈らないでください」という意味に誤解されかねず、相手の気分を害してしまう可能性もあります。値段は相手との関係性によりますが、同僚や友人などは同額程度、目上や目下など同等ではない関係ならいただいたものの値段を上回らないように気をつけましょう。たとえば、いただいたものが5000円なら3000円ぐらいがちょうどいいと言われています。
選ぶ品物としては、お菓子、缶詰など日持ちする食品や、タオル、洗剤などの消耗品、または季節の果物などが無難です。くれぐれも贈られたものと同じものを送らないように注意が必要です。
お返しは必須ではなく、お礼状で充分です。でも、お返しをされて、いやな気持になる人もいません。マナーをしっかりわきまえてお返しを贈れば、良好な人間関係づくりに役立つかもしれませんね。

お礼状の書き方

近頃は、書面で手紙を書く機会も減っています。いざ、お礼状を書こうとしても、「なにを書いたらいいのかわからない」ということも。お礼状というと堅苦しく感じてしまいがちですが、大切なのは感謝の気持ちを伝えること。受け取る相手のことを思って丁寧に書けば大丈夫です。
下記にお礼状の文例をご紹介しますが、内容はだいたい次のような流れになります。

  1. ▼頭語・時候の挨拶
    結語とセットで使う頭語は友人など親しい間柄であれば略しても大丈夫です。
    時候の挨拶は7月、8月によって違うので注意しましょう。
  2. ▼頂いた品に対してのお礼や感想の言葉
  3. ▼自分だけでなく、家族も喜んでいる様子を具体的に
  4. ▼一年で一番暑い時期なので、相手の体調を気遣い健康を祈る言葉
  5. ▼結びの言葉

7月15日を過ぎて8月8日頃の立秋までは、暑中見舞いの挨拶状の時期なので、この時期には文面に「暑中お見舞い申し上げます」と書くこともできます。立秋を過ぎたら「残暑お見舞い申し上げます」と言葉を変えましょう。
また、もし次からお中元をやんわりとお断りしたいのなら、お礼状に一言「次回からはお気遣いなく」と添えるようにしましょう。

相手別 文例

~知人・友人へのお礼状 文例~

〇〇様

拝啓 毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか?
おかげさまで、私は夏バテなどせず毎日元気に過ごしております。

このたびは、ご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。
家族一同大喜びで、届いたその日においしくいただきました。
お心遣いに感謝申し上げます。

まだまだ暑さが続くようですが、夏の疲れが出ませんよう皆様どうぞご自愛ください。

略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

敬具

〇〇年〇月〇日
〇〇〇〇(自分の名前)

~目上の方へのお礼状 文例~

〇〇 様

拝啓 立夏の候、皆様には益々ご健勝のことと存じ上げます。

平素は公私にわたり何かとお心にかけていただき、あらためてお礼申し上げます。

さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、誠にありがとうございます。
子どもたちも大変喜び、家族で美味しく頂戴致しました。
毎々のご配慮に恐縮するとともに心より感謝申し上げます。

暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

まずは略儀ながら書面にてお礼申し上げます。

敬具

〇〇年〇月〇日
〇〇〇〇(自分の名前)

~取引先へのお礼状 文例~

株式会社〇〇〇〇
代表取締役 〇〇 様

謹啓 盛夏の候 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。

さて、このたびはお心のこもったお中元の品を賜り、誠にありがとうございました。
さっそく一同でありがたく頂戴いたしました。
平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心遣いをいただき、恐縮いたしております。

暑さはこれからが本番でございます。皆さま、どうぞご自愛くださいませ。
末筆ではございますが、皆さまのご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。

まずはとり急ぎ、暑中にてお礼申し上げます。

敬具

〇〇年〇月〇日

〇〇〇〇株式会社
代表取締役 〇〇〇〇

~部下へのお礼状を妻が代筆する場合 文例~

〇〇様

日増しに暑さが厳しくなってまいりましたが、
〇〇様におきましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、本日は結構なお中元の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。
平素より主人がお世話になっておりますのに、このようなお心遣いをいただき、恐縮しております。

夫はもとより家族一同、美味しく賞味させていただきました。主人もくれぐれもよろしくと申しております。

時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

まずはお礼まで。

〇〇年〇月〇日

〇〇〇〇(夫の名前)
    内(←妻が代筆したという意味で夫の名前に添えます)

PAGE TOP